菜乃花 2018年10月04日号

【動物の不思議】動物の手術にも輸血が必須病院で飼育される供血犬

掲載日時 2018年06月17日 17時01分 [エンタメ]

【動物の不思議】動物の手術にも輸血が必須病院で飼育される供血犬

 昔とは比べようがないほど動物の地位が向上した現在、ペットが重病を患ったり、大きな怪我をした場合に、手術を受けさせるケースが増えている。

 手術には輸血が必要なこともあるが、人間とは異なり、動物用の公的な血液バンクは存在しない。そのため、大きな動物病院では「供給犬」や「供給猫」が飼育されている。彼らの血液を輸血に使うのだ。犬の場合は、健康で伝染病の心配がなく、マルチに使える血液型(人間でいうO型)の供給犬が飼われている。

 また、犬や猫にも献血ドナー制度があり、登録するとフードがもらえたりする。動物愛護の観点からは、こちらの方が望ましい。

エンタメ新着記事

» もっと見る

【動物の不思議】動物の手術にも輸血が必須病院で飼育される供血犬

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP