このままだと自分から“ABEMA行き”を志願しそうなテレ朝・富川アナ

芸能・2020/06/06 21:00
このままだと自分から“ABEMA行き”を志願しそうなテレ朝・富川アナ

画像はイメージです

閉じる

 新型コロナウイルスに感染して療養し、4日にテレビ朝日系「報道ステーション」に復帰した同局の富川悠太アナウンサー(43)が、局内の同僚アナ全員に謝罪文を送っていたことを、一部スポーツ紙が報じた。

 富川アナは4月9日の出演を最後に、約2ヵ月にわたって欠席。富川アナと共演していたアナも一時自宅待機となった。

 その間、小木逸平アナ(46)、森葉子アナ(34)が代役でメインキャスターを務めるなど、アナウンス部全体で穴埋めをしていた。

 記事によると、富川アナは長文で「ご迷惑をおかけしました」と謝罪の意を綴っていたという。

 富川アナの復帰回となった4日の「報ステ」の平均世帯視聴率は、16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

「局の上層部からすれば、数字を取ったのだから『してやったり』という感じだろう。しかし、富永アナは番組への出演を続け複数のスタッフが感染。“クラスター”の一歩手前の状態になったことから、復帰しても“針のむしろ”状態だろう」(テレ朝関係者)

 以前は富川アナが月曜から木曜まで、小木アナが金曜のメインキャスターだったが、現在は小木アナが月曜から水曜、富川アナが木曜と金曜ですっかり“メイン”が逆転。

 そのため、富川アナ自ら“ギブアップ”するかもしれないようだ。

「富川アナは常に降板の恐怖感と戦わされ、このままだと精神がもたないだろう。メンタルが壊れる前に、自ら不祥事を起こしたテレ朝のアナが“左遷”させるインターネット局・ABEMAの番組への異動を訴えるのでは」(同)

 そのうち、後輩男性アナにチャンスが訪れそうだ。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事