葉加瀬マイ 2018年11月29日号

貞淑美女タレントの性白書 竹内結子vs鈴木京香 年女が全開ノーパン&ノーブラ「真田丸」収録現場(1)

掲載日時 2016年05月21日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2016年5月26日号

貞淑美女タレントの性白書 竹内結子vs鈴木京香 年女が全開ノーパン&ノーブラ「真田丸」収録現場(1)

 「“サル”の異名を持つ男をめぐって“申年の女”2人がバトルを繰り広げる。絶妙な配役です」(芸能関係者)

 今年のNHK大河ドラマ『真田丸』もいよいよ佳境に入って来たが、注目は何と言っても、竹内結子(36)と鈴木京香(47)の2人。
 「竹内が'80年、京香が'68年の申年で、2人とも“年女”なのですが、ライバル心がもの凄く強くて、収録現場はいつもピリピリしているんです。“犬猿の仲”という言葉がありますが、“サル同士の仲が悪い”というのは、めずらしいと思います」(ドラマ関係者)
 役柄も、竹内が豊臣秀吉の側室である『淀殿』を演じれば、京香は秀吉の正室である『北政所』役と、ここでも対立しているのだ。

 占い関係者によると、今年の干支は1956年に次ぐ戦後2回目の丙申なのだとか。
 「丙申は“改革の年”になることが多いそうです。様々な場面で時代がうねり、“争い事”も多く発生するそうです。2人は、脚本を担当している三谷幸喜氏の“お気に入り女優”ですから、共演は仕方ないところもありますが、それにしても、関係は最悪です」(前出・芸能関係者)

 例えば、こんな具合なんだとか。
 「いつもは、会話どころか目も合わせようとしない2人が、セットの横でにらみ合っていたそうです。原因は分かりませんが、どちらも視線をそらさずに、少しも引かない構えだったそうです」(芸能記者)

 気の強さには定評のある竹内。
 「思ったことをすぐ口に出すタイプなので、誤解されやすいんです。名字の通り、さっぱりとした竹を割ったような性格で、裏表がなく、負けん気も強い」(前出・ドラマ関係者)

 単独でも主役を張れる竹内と京香は、女優として“同格”。それゆえ、どうしても相手をライバル視してしまうのだ。
 「楽屋に挨拶に来たスタッフの数や肩書、楽屋の広さや位置などを終始争っているということです。『紅白』の舞台裏とよく似ています」(芸能ライター・常山洋氏)

 “食”に関しても、火花を散らしているという。
 「スタッフに対する“差し入れ合戦”です。当初から2人は、特製おにぎりやおかずを現場に持ち込み、それぞれの名前を書いて、差し入れという形で配っていましたが、その後“内容”がどんどんエスカレート。うなぎや焼肉弁当の時もあるようで、スタッフは2人の収録日をとても楽しみにしているということです」(常山氏)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書


芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 竹内結子vs鈴木京香 年女が全開ノーパン&ノーブラ「真田丸」収録現場(1)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP