彩川ひなの 2018年7月5日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 内山理名(36) 気取らないガチンコSEX!?

掲載日時 2017年12月25日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年12月28日号

 今回取り上げるのは、NHKドラマ10『マチ工場のオンナ』で、NHK連ドラ初主演を果たした女優の内山理名。
 顔の上・中・下の長さがほぼ同じというバランスの取れた美貌に加え、目鼻口が大きく、華と力強さの両方を備えた、いかにも女優らしい女相だ。

 彼女の顔相の特徴は、ハネ上がりのキツい眉で、眉頭が太々としており、気性はいたって強く、頑固で負けず嫌い。左頬骨の頂上部にあるホクロもこの傾向を強めており、並みの男ではまず乗りこなすことはできない。
 切れ長の目に力があり、眼光に余計な水気や媚がなく、目を惹く美女ながら、中身は男性に近く、女のたおやかさや色香を武器にするタイプではない。
 精力・根性ともに強靭ゆえ、仕事で音を上げることはないぶん、性愛に関してはシビアで、(セックスに限らず)要求・欲望を満たせない男は簡単に見限る。
 前々回に取り上げた平野ノラとは顔相のタイプは異なるが、強い「後家相」という点では共通していて、恋愛よりも仕事を優先する女相だ。

 性ホルモンタンクの臥蚕の膨らみがやや弱めながら、唇が上下とも厚く、情愛は深い。眉も若い頃と比べ細く、薄く作るようになり、好色性自体は年齢相応の濃厚さだ。
 ただ、彼女は下唇が前に出ていて、かすかながら受け口になっており(利己的な傾向)、かつ目頭に切れ込みがなく(艶技で男性をソノ気にさせるような悪女性が低い)、唇の細かな縦皺も多い方ではないので(献身的な性戯は期待薄)、ベッドで男性側が受ける主観的な味わいは、豊かな情愛のわりにはあまりよいとは言えない。
 鼻の肉付きがよく、準頭にも豊かな丸みがあり、交わりに際しては気取らず、ガンチコで楽しむ。【淫乱度】としては「3」と観る。

 口がとても大きく金甲(小鼻)の張りも悪くなく、回数をこなすタフなセックスが身上で、虚弱な男はお呼びでない。エラからアゴ先にかけての骨格が大きく、また肉付きもあり、(異性愛とは別の)人類愛が深く、家族愛も強い。【絶倫度】は「5」に近い「4」とすこぶる高い。
 先天的名器度が現れる、耳穴の下のミゾが、左は良形、右は平凡。後天的名器度の指標となる口元の肉付きがとても厚い一方で、口唇の締まりは普通レベル。トータルで判じて、【名器度】は「3」。
 これといった尻軽相がなく、むしろ強い眉相が軽薄な誘惑をはね除ける力を発揮していて、【尻軽度】は「0」寄りの「1」。
 おとなしめの臥蚕と、金甲相があげまん要素ながら、肝心の眼形があげまん相でなく、口相と眉相が大きくマイナスで、【あげまん度】は「2」寄りの「1」となった。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 内山理名(36) 気取らないガチンコSEX!?

Close

▲ PAGE TOP