森咲智美 2018年11月22日号

思いが遂げられずついに強姦! キャバ嬢に狂った不惑男の怨念(1)

掲載日時 2015年11月27日 23時00分 [事件] / 掲載号 2015年12月3日号

 銀行のシステムエンジニアをしていた田中浩幸(41)には、不思議な同居人がいた。5、6年前に知り合った元カノだが、同棲してわずか1、2年で男女関係がなくなり、現在も一緒に住んではいるが、お互いに付き合っている相手は別にいる。夫婦ではないが、生計を一にして共同生活しているという関係だった。

 そんな中で、田中が新たに知り合ったのがキャバクラ嬢のルミ(22)だった。ルミは後にナンバーワンになる人気嬢。ルミが新人のころに知り合い、来店2回目にして早くも田中は告白。「真剣に付き合いたい」と熱く語る田中に対し、ルミは「いいですよ」と微笑んであっけなく応じた。
 しかし、ルミは「一人暮らし」と言いながら「私の部屋には誰も入れない」と言って、いつもマンションの玄関先までしか送らせなかった。電話番号は聞いていたが電話には一切出ず、いつも連絡はメールだけ。ちょっとおかしいとは思ったものの、同伴出勤だけでなく、プライベートでも会ってくれたので、田中は本当に付き合っているものだと思い込んでいた。

 ある日、田中はルミを自宅に招き、ベッドに押し倒して迫ってみた。「ちょっと、どうしたの?」というルミを遮り、衣服を脱がして乳首まで舐めたが、ルミに「雨が降ってきたから洗濯物を入れなきゃ」とはぐらかされ、結局、それ以上何もできないまま家に送ることになった。少し経ってルミから「私のことはカラダ目的だったの?」と問い詰められ、答えに窮した田中はルミに手が出せなくなった。
 3カ月後、ルミから「実家が借金で大変なことになり、私は昼も夜も働かないといけないことになったから、これから会えなくなるかもしれないけどゴメンね」と告げられた。田中は自分が彼氏なのに、何も助けてやることができないのかと思い、手持ちの10万円を渡した。

 ところがその数日後、同伴出勤の約束をしていたのに無断ですっぽかされるという“事件”が起こった。店に行くとルミがいたので、問い詰めると「今度は正式にデートする」という約束になったが、その日も体調不良を理由に断られ、「見舞いに行く」と言うと、「友達の所で休んでいるから心配しないで」という返事。
 日をあらためて店に行くと、ルミの同僚から「あの日、ルミは別の男とデートしていたよ。あなたのことはストーカーだと言っていたわ」と聞かされ、ルミと大喧嘩になった。それを機に、ルミから同伴の誘いはなくなった。

 事件の2週間前、田中はルミから〈お店に来るお客さまのことが好きになったので、これ以上は付き合えません〉というメールを受け取った。田中は〈メールだけでは分からないので、きちんと会って話をしたい〉と伝えたが、ルミからは全く返事がなかった。
 店に行けば会えるかもしれないが、それでは泥棒に追い銭のような気がしたので、ルミの部屋に侵入するという計画を立てた。

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

思いが遂げられずついに強姦! キャバ嬢に狂った不惑男の怨念(1)

Close

WJガール

▲ PAGE TOP