林ゆめ 2018年12月6日号

貞淑美女タレントの性白書 小池百合子 「厚化粧の大年増」はぷるぷる隠れDカップ巨乳(1)

掲載日時 2016年08月23日 19時00分 [政治] / 掲載号 2016年8月25日・9月1日合併号

貞淑美女タレントの性白書 小池百合子 「厚化粧の大年増」はぷるぷる隠れDカップ巨乳(1)

 有力視されていた2人の男性候補を蹴散らし、圧倒的な強さで東京都知事に選出された元防衛相の小池百合子氏(64)。
 「今回は、あと出しジャンケンならぬ“先出しジャンケン”が功を奏した形となりました。また、石原慎太郎元都知事の『大年増の厚化粧』発言も大きかったですね。“熟女”たちを敵にまわしてしまいました」(政治ジャーナリスト)

 得票数はナント291万票余り。
 「これは2003年に石原氏が再選された時の308万票余りに次ぎ、都知事選史上4番目の多さ。有効投票の44.49%を獲得しました。まずは、初の女性都知事のお手並み拝見といったところです」(全国紙政治担当記者)

 小池都知事は1952年7月15日、兵庫県芦屋市生まれの64歳。
 「貿易商で実業家だった父・勇二郎さんは政治好きでもあり、1969年、旧兵庫2区から衆院選に立候補しましたが、この時、『体制内革新』を掲げていた石原慎太郎氏率いる『日本の新しい世代の会』の推薦を受けていました。ですから、石原氏とは父親の代から因縁があるのです。お兄さんが1人います」(ベテラン政治ライター)

 そんな家庭環境の中、小池氏は“お嬢さま”として大事に育てられたという。
 「ピアノやバイオリンなどのお稽古事はもちろんのこと、ガールズスカウトにも入っていたそうです。七五三のとき、着物のまま水たまりに飛び込むという無鉄砲なところもあったそうです。今回の都知事選にも通じる“度胸のよさ”“思い切りのよさ”を感じますね」(ワイドショー・レポーター)

 1971年、関西学院大学に進学するも、半年で退学した。
 「島国である日本が生きていくには、世界とのつながりが不可欠」と、常々話していた勇二郎さんが、「今はアラブ」と愛娘の小池氏にアドバイスしたのだという。
 「で、エジプトのカイロ大学文学部社会学科へ留学。アラビア語を徹底的にやって、同大学を首席で卒業したのです」(ワイドショー関係者)

 卒業時、メモリアルにと敢行したのが“ピラミッド登頂”だった。
 「今では禁止されていますが、当時は出来たんです。運動靴をはいて約150メートルの頂上へ。そこで着物に着替えて“お茶を立てた”ということです。着物等の荷物は、日本人男性2人を雇って頂上まで運ばせたそうです」(スポーツ紙記者)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書


政治新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 小池百合子 「厚化粧の大年増」はぷるぷる隠れDカップ巨乳(1)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP