菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 池田エライザ(23) 人生もセックスも相手まかせ!?

掲載日時 2018年08月01日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年8月9日号

 今回取り上げるのは、ファッションモデルで女優の池田エライザ。映画・ドラマ・CMと幅広く活躍中で、7月スタートのドラマ『青と僕』(フジテレビ系)では、準主役級で出演している。

 彼女の顔相の特徴は、なによりまず、ふっくらとした分厚い臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)。ココは女相における「性ホルモンタンク」で、エロスのポテンシャルがストレートに現れる部位だ。
 性感良好で性欲も旺盛と観て取れ、ひとたび交わりが始まれば、相手男性も自身も共に愉楽に没頭できる女相。厚みのある唇は情愛豊かで、特に他者愛・能動愛を示す上唇が肉厚なのは、フェラチオなどの奉仕性戯を惜しまない相だ。

 ただ、彼女のように臥蚕が過剰なほど豊かなのは、多淫性と尻軽性をともない、好色に歯止めがかかりにくいきらいがある。
 加えて、横から観たとき上唇が出っ張っているのはいわゆる「おませ」で、性感の目覚めが早く、若くして喜悦を重ねる相でもある。

 垂れ目の眼形で、特に下瞼のラインが中央部から目尻にかけて下がっているのは、人生もセックスも相手まかせの他力本願の相。低い絶頂感が長く持続するタイプと淫相学では判じ、インサート後も勃起を長時間維持できる男性と相性がよい(回数をこなせても早漏タイプは相性悪し)。
 目頭に切れ込みがなく、肉付きのよい鼻で、鼻頭も大きくて丸く、正面からやや鼻孔が覗き、あけっぴろげの気取らないセックスを楽しむ。父が日本人、母がフィリピン人で、少し幼児性を残した鼻相に、アジアン女性らしい親和的で温順な心性が現れている。
 口は大きくないものの、金甲(小鼻)は豊か。地眉が太々と繁茂し、眉毛の毛質も濃く、精力は豊かだ。【淫乱度】は「5」寄りの「4」とかなり高く、【絶倫度】も「4」。

 前述の、厚い臥蚕、垂れ目相、鼻孔の覗く鼻相に加え、目間もやや広く、男性の誘惑に弱い尻軽相がそろっており、【尻軽度】も「4」と高くなった。
 生来的な膣道の断面と一致するとされる、耳穴のすぐ下の溝が広めながら、口元の肉付きがとてもよく(特に上唇側)、【名器度】としては「3」。
 豊かな金甲があげまん要素ながら、臥蚕相と眉相が大きくマイナスで、最も重要な眼形も垂れ目であげまん相とは正反対のため、【あげまん度】は「1」と低くなった。

 額相が、男性的な角額と女性的な富士額の混合型で、忍耐強い一面と反抗的な気質を併せ持つ。左頬骨の頂点部にあるホクロに攻撃性の強さが現れ、眉相にも一筋縄ではいかない気の強さが観て取れる。
 一見、ユルい女相で、(男女関係に向けた)きっかけは作りやすいが、長続きしにくい女相と言える。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 池田エライザ(23) 人生もセックスも相手まかせ!?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP