菜乃花 2018年10月04日号

ローラ 「奴隷契約」の陰で囁かれる“整形セックス”呪縛

掲載日時 2017年08月29日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2017年9月7日号

ローラ 「奴隷契約」の陰で囁かれる“整形セックス”呪縛

 タレントのローラ(27)が「奴隷契約」をさせられていると週刊文春が報じ、注目が集まっている。ローラ側から出たリークと思われるが、彼女には“性奴隷化”の可能性も浮上中だ。
 「のん(能年玲奈)と似たような契約問題です。ローラは所属事務所と10年に及ぶ長期契約を交わし、契約満了を迎えても、自動的に10年間の更新。ローラ側が事務所に契約更新しない旨を伝えても、事務所サイドの了承がなければ解除できない一方的な契約です。契約期間は2010年7月から2020年6月末と聞きます」(芸能ライター)

 この話でよく分からないのは、契約満了を迎えても自動更新ならば満了にならないのではないか。また、事務所の了承がなければ解除できないなら、そもそも契約する意味がない。
 「もちろん、事務所側は契約内容を開示していません。なんでローラがこんな不利な契約書にサインしたのか理由が分かりません。それに、芸能界で10年契約は珍しくはありません。先行投資がありますし、売れて即辞められるのを防ぐためです」(同)

 彼女は去る6月、自身のツイッターに「最近裏切られたことがあって心から悲しくて(略)」「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない(略)」などと投稿。すでに事務所とのトラブルをにおわせていた。
 「彼女はテレビなどでも事務所の社長と二人三脚でやってきたことを認めている。なにか感情的なトラブルが起きたのでしょう。でないと、いまさら2010年の契約を持ち出すのは不自然すぎる」(芸能プロ関係者)

 ローラが“タメ口”という独特なキャラでブレイクし出したのは、ちょうど契約を交わした頃だ。
 「ローラはちゃんとした敬語も使えます。だから“創作キャラ”なんです。それを作ったのは事務所社長だとされ、一時期2人はベタベタなほど良好な関係にあった」(同)

 彼女には高校時代からの写真もネットに多数流出。別人のように変貌を遂げているのは有名な話だ。
 「前はヤセていたのに、急激にFカップ乳になった。それゆえ“性的なもつれ”が今回のトラブルの根幹とされます。業界の性奴隷が嫌になったのか…。ローラは父親が詐欺容疑で逮捕されたこともあり、どうも今回の問題はテレビはどこも触れない」(夕刊紙記者)

 「セックス、OK!」とはいかないようだ。

芸能新着記事

» もっと見る

ローラ 「奴隷契約」の陰で囁かれる“整形セックス”呪縛

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP