菜乃花 2018年10月04日号

ホリエモン、新幹線の座席を倒していいか聞く客に苦言 ネットは賛否両論、最善策は?

掲載日時 2018年07月17日 17時39分 [社会] / 提供元 リアルライブ

ホリエモン、新幹線の座席を倒していいか聞く客に苦言 ネットは賛否両論、最善策は?

 誰もが経験があるであろう新幹線の“座席を倒す時の声かけ問題”について、堀江貴文氏が言及し、賛否の声が挙がっている。

 新幹線に乗っていると思われる際に、堀江氏は14日、「前の席のクソ野郎がおれが寛いでいるのにもかかわらず一々『席を倒していいですか?』とか聞いてきやがる。ウゼェ。勝手に倒せや。そうやって何でもかんでも保険かけようとすんなボケ」とツイート。声かけをしても結局倒す意思の客に、嫌悪感を示した。

 しかしこれを受け、ネット上は賛否が渦巻く事態に。堀江氏の意見に賛成派の人は「勝手に倒せ!でいいよな 」「席は倒れるようになってるから許可いらないんだよなぁ」「確かに前の席のおっさんにシート倒しについて声かけられると勝手にしろやと思う」など、堀江氏の気持ちが分かる様子。

 一方、反対派の人からは「新幹線の車内って公共空間でしょ、他の乗客と関係性を持ちたくないなら、そもそも公共空間に入らなければいい」「伺いたてるってことはいいことじゃんか。そもそも日本人らしい一種のモラルでしょ」などの声が挙がり、声かけは日本人の “暗黙のマナー”だと指摘する声が多かった。

 他にも、「倒されるのが嫌なら自分の前の席のチケットも買えばいい」という意見もあり、多くの人が同じ経験をしているだけにさまざまな声が聞こえてくるが、実際はどのような対応が相応しいのだろうか。

 「基本的に、JRの列車では同一人物が2席以上を購入することはできません。そのため、ある程度の声かけが必要になりますが、確かに寝ている人や本を読んでいる人に声をかけると相手が気分を害すこともある。一方で、無言でシートを倒したことによる小さなトラブルは過去にいくつも発生しているので、難しいところです。高速バスなどでは“声かけ”をするようにアナウンスしているところもありますが、まさに空気を読むしかないのかもしれません…」(乗り物に詳しいライター)

 この論争には新たな提案をする人も多く、「倒せる席ゾーン、倒せない席ゾーンに分ければ良い」などのもっともな意見もある。だが、今のところは空気を読むのが最善策なのかもしれない。

記事内の引用ツイートについて
堀江貴文の公式Twitterよりhttps://twitter.com/takapon_jp

関連記事
俳優・山田孝之の“副業”は成功といえるか? 意外と高いビジネスマンの副業経験率
堀江貴文、宇宙人の存在に持論「もうそこらへんにいるかもしれない」
「まじ健康に悪いと思うよ」 ホリエモンが絶対菜食主義者・ヴィーガンに反論
佐野ひなこ、おっぱいマッサージで巨乳強化「ふわふわって書いていいですよ」
観光ガイドが縁 斎藤工、被災地のボランティア活動で住民らを激励

社会新着記事

» もっと見る

ホリエモン、新幹線の座席を倒していいか聞く客に苦言 ネットは賛否両論、最善策は?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP