葉加瀬マイ 2018年11月29日号

NHK大河『江』初役・水川あさみの全裸入浴シーン映画先取り公開

掲載日時 2011年05月19日 14時00分 [芸能] / 掲載号 2011年5月26日号

NHK大河『江』初役・水川あさみの全裸入浴シーン映画先取り公開

 現在、NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の二女・初役や深夜ドラマ『犬を飼うということ』(テレビ朝日)のヒロインを演じて絶好調なのが、美人女優・水川あさみ(27)だ。
 4月末には、俳優の小出恵介との熱愛が報じられたばかり。そんな水川が新作映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(ギャガ配給、5月14日より全国公開)で入浴セミヌードを披露し、ガ然注目されている。
 「水川は13歳で『ヘーベルハウス』のCMでデビューし、18歳でミス東京ウォーカーに選ばれ、その後テレビ、映画でひっぱりだこ。まさに旬の女優です。見かけと違い、大阪出身だけにサバサバしたキャラの上に、酒豪で阪神ファン。草食系男子は大嫌い、というのもオジサン受けしそうです」(アイドル評論家)

 もともと、演技の守備範囲の広い水川だが、今回は題名からも察せられるようにドタバタコメディーだ。喜劇のかけあいの上手さは'08年の『夢をかなえるゾウ』(日本テレビ)で実証済み。
 今回は長い同棲生活のため、早くも倦怠気分の新婚カップルが、ひょんなことから刺激を求めて一泊二日の“地獄旅行”に出かけてヒドい目に遭うという話。彼女のハジけた喜劇女優ぶりが見ものである。
 もちろん、最大の見所は彼女の“入浴セミヌード”だ。真っ赤な『血の池地獄』のような怪しげな温泉に入るシーンで、拝むことができる。髪をアップにした浴衣姿もセクシーな彼女が、全裸になって(画面には映らないのが残念)、夫役の竹野内豊とともに湯船につかる。肉づきのよい胸前から、発達した二の腕、肩幅、上気した白磁の肌が、まだ見ぬ胸から下の部分まで十分に妄想させる。
 「この『血の池地獄』、実は『ビーフシチュー温泉』で、水川の上質なお肉のダシが効いて美味しそうでした(笑)。彼女、着痩せするタイプらしく、“脱いだらスゴイ”の典型で、スレンダーだけど肉感的なのが魅力ですね。ちなみに水川は身長163センチ、B82・W58・H84です」(映画記者)

 この温泉、急な流れが発生するため、水川は溺れそうになったり大変な目に遭う。そのたびに、むっちりとした美肌が見え隠れして、思わず画面に釘付けになってしまう。
 試写を観た映画評論家・秋本鉄次氏もそんな“水川株”を買う一人だ。
 「入浴シーンではもう少しカメラが下がってくれたら嬉しかったのに。彼女は鎖骨もイイ。思わず“鎖骨酒”にして呑みたいほど。それとあのアヒル唇がセクシー。映画でもその唇をヒン曲げたりしてブラボー! 数年前、彼女が藤原竜也と共演した映画『カメレオン』のイベントでご一緒しましたが、目の前の50センチほどのところにあるセクシーな唇を思わずパックンチョしたくなりましたよ(笑)」

 涼しげな美貌でも、ざっくばらんで、おまけにエロい。そんな痛快な水川のホンネ部分が垣間見れる新作コメディーは、入浴シーンとともに見逃せない!

芸能新着記事

» もっと見る

NHK大河『江』初役・水川あさみの全裸入浴シーン映画先取り公開

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP