森咲智美 2018年11月22日号

スクープ告発 第1弾 忘年会・新年会に横行する食材使い回し あなたもきっと口にしている!〜ジャーナリスト・吾妻博勝〜(1)

掲載日時 2013年12月22日 18時00分 [社会] / 掲載号 2014年1月2日号

 10月下旬のこと。JR新宿駅東口の和風料理店で、こんな場面を目撃した。
 カウンター内の奥のテーブルで、若い男子従業員が左手に茶漉しを持ち、それに何枚もの小皿から何やら黒っぽいものを次々と移している。近くの席にいた7〜8人の客が店を出て間もなくだった。
 若者は茶漉しを上下に2〜3回振って、下のボールに汁を落とすと、茶漉しに残ったものをタッパーに入れる。その繰り返しだ。
 トイレに立った際、若者の手元を覗き込むと、それはヒジキだった。席に戻り、あらためてテーブルを見ると、ニンジン、油揚げの細切れが混じったヒジキの炒め物が置いてある。頼みもしないのに、たいがいの店で出される“お通し”だ。
 ぜんぶ食べる人、少ししか食べない人、まったく食べない人もいるが、どっちみち、それだけで500円くらいは取られてしまう。

 ある通夜の帰り道で、連れは親戚の家族。このことを小声で話すと、70代の伯母が「きっと、前の客が残したものを次の客に出すのよ。だれが箸で突ついたかわからないし、そんなもの出されるのって、嫌よねぇ。病気の客だっているだろうし、ホント、嫌よねぇ…」と顔をしかめる。
 よく観察していると、伯母が言った通り、茶漉しで汁を除いたヒジキをタッパーから取り出し、それを次の客に出した。決定的な使い回しの瞬間だ。
 伯母によれば、汁が染み出るのは「ヒジキ料理そのものが古くなりすぎた証拠」、つまり何度も使い回しされているからだという。東京都庁のビルが見える新宿一等地の店にして、このありさまである。
 こちらは計5人。他の客の食べ残しを“お通し”に出されて2500円前後は取られている。こんなバカらしいことはない。

 店を出る際、50代とおぼしき店主に使い回しを注意すると、
 「うちは、そんな店じゃない!」
 と血相を変えて反発してくる。しばらく言い争いが続いたが、店主は他の客を気にしてか、黙りこくった。伯母の娘が、
 「たかがヒジキでしょ。許してやったら」
 と背中を突いてくるが、そんな問題ではない。使い回しを1品やっていれば、他もやっているに違いないからだ。
 「今後、注意します」
 店主からその言葉を引き出すまでに10分ほどかかった。茶漉しを持っていた若者は「俺の息子」と言った。とんでもない後継者教育をしているものだ。

関連タグ:食材使い回し

社会新着記事

» もっと見る

スクープ告発 第1弾 忘年会・新年会に横行する食材使い回し あなたもきっと口にしている!〜ジャーナリスト・吾妻博勝〜(1)

Close

WJガール

▲ PAGE TOP