菜乃花 2018年10月04日号

ジャニーさんが信じられなかった?亀梨が反発心を持ったワケ

掲載日時 2018年02月27日 07時10分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

ジャニーさんが信じられなかった?亀梨が反発心を持ったワケ

 今月23日、KAT-TUN・亀梨和也が32回目の誕生日を迎えた。18年もソロ活動は好調で、現在は主演連ドラ『FINAL CUT』(フジテレビ・関西テレビ系)がオンエア中。誕生日当日には、初のフォトエッセイ集『ユメより、亀。』(集英社)を出版した。さらに、KAT-TUNとしては、田口淳之介が脱退したのを機に、16年5月をもって充電期間に突入していたが、今春ついに再始動。4月18日に、ドラマの主題歌『Ask Yourself』をリリース。その2日後(20日)から3日連続で、“聖地”東京ドームで復活ライブを開催する。

 KAT-TUNイチ多忙なのは、やはり亀梨。スポーツ番組のキャスター、CM、ドラマ、映画、ラジオはすべて、ソロの仕事。グループの金看板といっていい。芸能人になってしかるべき運命にあったと思えるが、意外なことに、本人は少年期、その気がまったくなかった。

 ジャニーズ事務所に入所したのは98年。ちょうど20年前だ。4人兄弟の3男で、将来の夢はプロ野球選手と信じて疑わなかった。地元の東京都江戸川区の軟式野球では、世界大会出場の枠内に選ばれたことがあるほど、腕は確かだった。ところが、12歳のとき、親せきのお姉さんが勝手にジャニーズ事務所に履歴書を送付。その年の末にはもう、KinKi Kidsの東京ドーム公演のステージに立っていた。

 快進撃はその後もとどまるところを知らず、翌99年には、伝説の学園ドラマ『3年B組金八先生』の第5シリーズのオーディションを突破。13歳という実年齢より少し上の、中学3年生の生徒役だった。クラス内では最年少。学友には、3歳年上で事務所の先輩にあたる俳優・風間俊介がいた。01年に、グループを結成。その5年後に、歌手デビュー。初シングル『Real Face』は、いきなりミリオンヒットとなった。

 脇目も振らず疾走した20年間。しかし、入所当初はまだ、野球少年とジャニーズ研修生の2足のワラジをはいていた。そのころは、ジャニー喜多川社長のことをスパイだと思っていた。なぜなら、ジャニーさんから、「YOUは学校ではあんなに先生とケンカするのに、ジャニーズ来るとマジメにやっちゃってんの?」と、ヒヤリとすることを言われたからだ。

 まだ電車で稽古場に通っていたころ、亀梨は、「担任のヤツが事務所にチクったのかな?」、「この学校にチクってるヤツがいるんだ!」、「ジャニーズがスパイを雇っているの?」と、とかく疑心暗鬼になった。そして、ジャニーさんがスパイだと思いこんだ。

 そんなある日、真実を打ちあけられた。「あのとき、YOUの携帯が押されちゃって、つながってたんだよね、僕のところに」。制服の胸ポケットに入れていた携帯電話が、誤作動でジャニーさんにダイヤルしてしまい、通話内容がダダ漏れだったというのが、事の真相だった。

 12年前にKAT-TUNが6人でデビューしたとき、ワイルド&セクシーで、不良っぽいところがセールスポイントだった。そのルーツはもしや、亀梨電話の誤発信にあった!? 入所20年を機に、究明してほしい。

関連記事
他のジャニーズ妻とは違う…工藤静香が嫌われる理由
本当の“クソ\野郎”は誰?元SMAP3人の前であの名前を出す爆問・太田
都内3カ所にある?女人禁制、ジャニーズ合宿所の秘密
またあの人と揉めた?ジャニーズの古参幹部、退職していた
関ジャニ推し?『音楽チャンプ』打ち切りでジャニーズがテレ朝に突きつけた要求

芸能新着記事

» もっと見る

ジャニーさんが信じられなかった?亀梨が反発心を持ったワケ

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP