紗綾 2019年8月1日号

〈男と女の性犯罪実録調書〉③生娘の膣道に男性器を挿入

掲載日時 2019年07月11日 00時00分 [官能] / 掲載号 2019年7月18日号

 市川はサオリさんと実際に会って驚いた。とても性的サービスを行うとは思えないとびきりの美少女だったからだ。

 面接もそこそこに、「ホテルで講習するから、一緒に付いてきてほしい」と言って、ルミさんと同じようにビジネスホテルに連れ込んだ。お互いにシャワーを浴びて、「さァ、始めようか」というときになって、サオリさんに「ちょっと待って下さい」と制止された。
「どうした?」
「私まだ…、経験がないんです」
「処女なのか?」

 それを聞くと、ますます市川の愚息は膨らんだ。
「今、オレとセックスしてくれたら10万円出すから」

 サオリさんは裸のままで交渉され、断るに断れず、うなずくしかなかった。

 市川はサオリさんを寝かせると、力を込めて突き上げた。市川の肉棒はサオリさんの膣道を通り抜け、根元まで貫通した。
「痛いッ、痛いいッ…!」
「誰でも一度は通る道だ」

 サオリさんは全身を硬直させ、必死で耐えた。射精するためにペニスを引き抜いたとき、鮮血が付いていた。市川は彼女の初めての男になったという優越感で感無量になった。

 市川はサオリさんを自分の店の看板娘に仕立て上げようと、次々と客を斡旋した。だが、サオリさんも約束していた10万円はもらえず、「上の指示がないと払えない」などと言われた。

 どうもこれは最初に聞いていたようなエステ店じゃない。反社会的組織の人間が頂点に立つ売春組織ではないか。「仕事を辞めさせてほしい」と申し出たところ、市川に激怒され、連絡先や過去のLINEの履歴を全部消せと命じられた。
「警察に言ったら、とことん追い詰めるからな!」

 だが、市川はその直後に別件で逮捕された。同じようにエステ嬢として勧誘した少女にAV出演を持ち掛けたという職業安定法違反事件だった。

 家宅捜索で市川が女を装い、ツイッターでエステ嬢を募集していたカラクリが判明。「10万円を払うから」と言って、講習名目でタダマンを繰り返していた実態も判明した。

 ルミさんとサオリさんに対する児童福祉法違反事件でも立件されたが、市川は「彼女たちとセックスはしていない」と言い張った。

 密室で起こった犯罪の立証責任は捜査側にある。市川は1円も払っていないのだから、児童買春禁止法違反には問えない。売春のプロが考え出したあまりにも狡猾で卑劣な手口である。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書


官能新着記事

» もっと見る

〈男と女の性犯罪実録調書〉③生娘の膣道に男性器を挿入

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP