遠野舞子 2019年3月7日号

オートレース ★各地で猛威を振るう33期が車券の狙い目

掲載日時 2019年02月09日 15時00分 [エンタメ] / 掲載号 2019年2月21日号

オートレース ★各地で猛威を振るう33期が車券の狙い目
画像はイメージです

 各地で33期の新人が大活躍している。1月の一斉乗り替わりから全体をおさらいしていきたい。

 黒川京介の活躍ぶりは記すまでもないが、1月22日の浜松優勝戦では落合巧、花田一輝が出場し、落合が3秒387のタイムで逃げ切り、デビュー初優勝を遂げた。花田も優勝こそ逃したが、試走で3秒29を計時。その後の川口でも3秒4台を切る上がりタイムで勝利した。

 その川口開催では、泉田修佑が1月29日に3秒363という自己ベストをマークし予選、準決と3連勝。同じ開催では吉松優輝がデビュー初優出を成し遂げている。

 そして、なかなか結果の出なかった堂免沙弥も試走で3秒39を計時し、レースでも見せ場十分だっただけに、今後の発展が大いに期待できそう。

 さらに、上昇度が顕著なのが交川陽子。2級車時代は良走路でまったく勝負にならなかったが、1級車昇格を機に大変身を遂げた。

 1月19日からの開催では4戦2勝を挙げ、上がりタイムも3秒345まで上げるなど急成長。まだまだハンデ差の恩恵があり、今後も車券のマークから外せない。

 他にも各地で急速に33期が力をつけており、当分は新人を狙っての車券戦術をお勧めしたい。

関連タグ:オートレース


エンタメ新着記事

» もっと見る

オートレース ★各地で猛威を振るう33期が車券の狙い目

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP