☆HOSHINO 2019年6月27日号

加藤浩次「これを通した会議やべーよ」 小池知事発表“かぶるタイプの日傘”をバッサリ、「よく言った」の声

掲載日時 2019年05月27日 12時34分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

加藤浩次「これを通した会議やべーよ」 小池知事発表“かぶるタイプの日傘”をバッサリ、「よく言った」の声

 この週末、日本列島は各地で記録的暑さを記録した。26日の最高気温の全国ランキングの上位は何と北海道が独占。これまで声高に叫ばれてきた「異常気象」も、もはや「平年並み」といった感すらある。そんな中で24日、小池百合子東京都知事が、驚きの暑さ対策を提案。だが、27日の『スッキリ』(日本テレビ系)で、極楽とんぼ・加藤浩次が早速、ぶった斬った。

 「会見場で、同知事が『男性で日傘をさすのは恥ずかしい、気が引ける方は、思い切ってここまでいったら、いかがでしょうか』と手をやった方向には、駅前に立つお坊さんか、時代劇に出てくる旅人か、古くは木枯し紋次郎か、“笠”をかぶったスーツ姿の職員が。都が言うには、来年の東京オリンピック・パラリンピックでの暑さよけのために製作された、“かぶるタイプの日傘”だそうです。だが、これが画面に映った瞬間、加藤は『まずいってこれは。まずい!まずい!オリンピックで!』と苦言を連発。スタジオは笑いに包まれました」(芸能ライター)

 さらにこのあと、6月も平年より暑くなりそうという予報が伝えられると、加藤は「暑くても、東京が発表した傘、かぶりたいですかね?」と疑問。そして、「誰が会議で通したの!?これを通した会議やべーよ!」と放言。SNSでは「みんなが思ってること言ってくれた」「よく言った‼️」「狂犬感出てた」と一様に称賛の声が寄せられていた。

 考えてみれば、オリンピックが開かれるたび、日本選手団のユニフォームは毎回「ダサい」と悪評を集めている。さらにかつて、舛添要一前都知事が、東京オリ・パラのために導入した観光ボランティアのユニフォームも「ダサい」と非難囂々だった。そして、そのデザインを問題視し、「躊躇なく変えていきたい」と見直しを図った急先鋒が、今回の小池都知事なのだ。気になる新ユニフォームはこの夏に発表されるというが、早くも心配で仕方ない。

関連記事
加藤浩次、NGT48の継続は「難しいんじゃないか」 加藤美南ら“メンバー派閥”の可能\性にも言及
加藤浩次、「それ言うか!?」と激高 池袋事故・飯塚元院長の謝罪の“言い訳がましさ”に批判
当て逃げ報道から1週間以上経っても高田純次の仕事に影響がない理由
加藤浩次、10歳不登校ユーチューバーの主張に「たまには学校行ったら」 称賛の一方で“逃げた”の声も
加藤浩次「“友達を切る”って言い方ホントいや」 若者のSNS“裏アカ”での悪口に苦言、共感の声殺到

芸能新着記事

» もっと見る

加藤浩次「これを通した会議やべーよ」 小池知事発表“かぶるタイプの日傘”をバッサリ、「よく言った」の声

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP