菜乃花 2018年10月04日号

やっちゃえカーセックス! 自動運転車はここまで進化した!!(1)

掲載日時 2016年01月30日 20時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年2月4日号

 年末年始は奥さんの実家で過ごすのが恒例の都内在住Sさん(42)。2人の子供を連れ、手荷物や乗り換えのこと、さらに往復の交通費を考えると、どうしても鉄道よりマイカーを選択してしまうという。
 「今年も疲れ果てました。二日酔いなどで万が一、事故でも起こしたらと思うと、リラックスして酒を飲むこともできません」

 Sさんのような話は、そこかしこで聞く。「いっそ、どこでもドアで一瞬にして移動できたら」なんていうのは、まだまだ遠い未来の話だろうが、車の『自動運転』ならば、もうすでに半実用化しているのだ。勝手に車が運転してくれて目的地まで運んでくれるなら、ドライバーは渋滞や事故などのリスクから開放されることになる。
 「まず、自動運転とは何か? ということですが、日本の内閣府や米国運輸省では、次の5段階レベルで定義しています。
 【レベル0】ドライバーが常にすべての操作を行う。
 【レベル1】加速・操舵・制動のうち一つ以上を個々に自動的に行うシステム。アクセルを踏まなくても速度を維持するクルーズコントロールなどが該当する。
 【レベル2】加速・操舵・制動のうち二つ以上をドライバーに代わって自動的に行う。
 【レベル3】加速・操舵・制動をすべて自動で行うシステム。ドライバーは運転から完全に解放されるが、緊急時などは対応する必要がある。また、事故時の責任はドライバーにある。
 【レベル4】完全自動運転。運転操作や周囲の状況判断など、すべてをシステムが担当する。
 今のところ技術的にはレベル2の状態ですが、近年その内容はかなり高度化しており、次なるステップとして、各国のメーカーではレベル3の実用化を目指しています。日本においては国土交通省が2020年前半をめどにレベル3を市場化、後半以降にはレベル4の市場化を視野に入れています」(車雑誌ライター)

 4年後には、自ら運転しなくても自動で車が走ってくれる可能性があるというのだから、現実は思っていた以上に進んでいると言っていい。というわけで、『実際に自動運転が当たり前の時代になったら、どのように車を活用したい?』という質問を、高速道路のサービスエリアで休息中のドライバーにしてみた。
 「妻がペーパードライバーなので、移動先までの運転はすべて私ひとり。若いころは私が眠くならないように会話をしたり、飲み物を手渡してくれたりといろいろ気を遣ってくれたのですが、今じゃ自分が眠くなればそのままぐっすり。起きるのはトイレ休憩と食事のときだけですよ。まあ、自動運転が可能になったら私も寝たいけど、寝ている間にもし事故にでも遭ったらと思うと、余計に目がさえてしまうかも」(56歳・会社員)
 「長距離を移動するときにつらいのが夜間の走行。特に年を取ってからは目が疲れやすく、昼間の数倍は気を遣います。アクセルやハンドルから開放されるだけでも相当、負担は減るんじゃないかな。でも、完全自動運転なんて可能になったらドライバーがいらなくなっちゃうんじゃない? そうなると、われわれプロのドライバーは死活問題だよ」(49歳・長距離ドライバー)

 期待と不安が半々。中にはこんな意見の方も…。
 「自動運転ですか? それはいいですね。特に彼女とのデートのときにはね。だって、移動中に車内でイチャイチャできるじゃないですか。ハンドルを離していてもOKなら、フェラのときも完全に身を任せることができて安心だし(笑)。究極的にはそのままシートをリクライニングさせてセックスしたりね。でも隣に車高の高いトラックが走ってきたら丸見えになっちゃうか(笑)」(31歳・自営業)
 「僕の友人の話ですが、助手席に彼女を乗せていて、高速道路を走行中に彼女にちょっかいを出したそうです。ブラウスの隙間から手を入れてオッパイをもんだりね。その内、彼女もだんだん乱れてきて、友人の股間を強く握り締めていたとか。お互い興奮してちょっとばかり気が緩んだんでしょうね。サービスエリアの入口でガードレールに接触してしまったんです。幸い惨事には至らなかったのですが、買ったばかりの愛車のフロントはガッツリと破損してしまった。その後、2人は大ゲンカ。結局、別れてしまいました。友人は今でも未練が残っているようで、酔っぱらうとこの話を繰り返すんです。2人の出会いがもう少し未来だったなら、幸せな家庭を築いていたかも(笑)」(27歳・会社員)
 「そりゃ、みんなで車内で宴会ですよ。知った仲間同士で飲むんですから、観光バスや電車で周囲を気にしながら飲むのとはわけが違う。今時は公共の場での酒やタバコは周囲の目が厳しいからね。みんなでテーブルを囲んで騒いでいる間に目的地に着いちゃうわけでしょ。ちょっとした走る居酒屋状態だね。でも、これは飲酒運転になっちゃうのかな?」(58歳・自営業)

関連タグ:自動運転車

エンタメ新着記事

» もっと見る

やっちゃえカーセックス! 自動運転車はここまで進化した!!(1)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP