葉加瀬マイ 2018年11月29日号

オートレース 秘めるポテンシャルは相当高い佐藤裕児

掲載日時 2016年11月22日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年12月1日号

 オートレース界は今、鈴木圭一郎一色である。先のSG日本選手権を完全優勝し、新時代に突入した。数々の記録を塗り替える32期のルーキーは、まだまだ発展途上。どこまで大きく成長するか楽しみである。

 その鈴木の活躍は必ずや同期の刺激になっているはずで、佐藤裕児もその1人。「うれしい気持ちの半面、悔しい気持ちも込み上げてきました」は本音だろう。佐藤といえばロードレース経験者で「特例枠」から選手試験に合格し、鳴り物入りでデビューした逸材だ。「いざ、乗ってみるとロードレースとは全くの別物です。ロードレースはメンテナンスの不安はありませんが、オートはすべて自分で作っていかなければならない。それでいて操縦するのも結構難しい」との思いを抱いている。

 ただ、秘めているポテンシャルは相当に高い。それは大成するレーサーに必要不可欠な“絶対的なスピード”を持っている点。その証が地元飯塚でのGIダイヤモンドレースのひとコマだ。GIでは人を抜く必要性が少ないハンデに位置している佐藤は、一線級と遜色ない走りで初の準決入りを果たした。

 「キッカケがほしい」と話す佐藤。次なるステージは地元飯塚のGI開設記念。ここでも間違いなく「逃げ」に近いポジションからレースを進められるだけに、記念初の優出も期待できる。
 それこそが本人が求めている大きな“キッカケ”になるのかもしれない。

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

オートレース 秘めるポテンシャルは相当高い佐藤裕児

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP