菜乃花 2018年10月04日号

芸能界が目を見張る「吉田沙保里」の意外な才能

掲載日時 2016年12月26日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2016年12月29日号

 未来の看板キャスター、あるいは人気バラエティータレントと持てはやされているのが、女子レスリングの吉田沙保里(34)。先頃、母校・至学館大学の副学長に就任したことで“事実上の現役選手引退宣言”との見方が強まり、早くも争奪戦が始まっているのだ。ここまで各テレビ局からオファーが相次ぐ理由は、彼女が隠し持つ芸人顔負けのタレント力にあるという。
 「リオ五輪を契機に、バラエティー番組に多くのメダリストが出演したが、その中で、10年後にテレビ界で生き残っているのは間違いなく吉田選手だけ。ボケもツッコミもできるし、メーンMCのトークにもすんなりと絡んでくる。あの明石家さんまやダウンタウン松本人志、爆笑問題の太田光が太鼓判を押し、自ら共演相手に指名するほどなんです」(芸能プロ関係者)

 吉田がひな壇にいると聞いただけで、ビビりまくる若手芸人も続出だという。
 「香盤表に吉田の名前を見つけると、芸人同士でお互いをフォローし合おうというのが合言葉になっているほどです。とにかく、彼女の何も考えていない発言力は怖い。芸人らは怪獣と呼んでいます」(芸能事情通)

 その一方で、スポーツキャスターとしての素質も十二分に隠し持つ吉田。
 「ロンドン五輪の3連覇で、国民栄誉賞も受賞済みという経歴は文句なし。また、元女子サッカー選手の澤穂希と親友であるなど、横のつながりも強い。各局が欲しがるのも無理もない話です」(芸能プロ関係者)

 吉田が芸能界に転身した場合、気になるのが出演料だ。
 「メダリストということで、バラエティーでも1本50万円〜。キャスターなら最低100万円〜。講演会も1本300万円〜、CMなら3000万円〜という金額になる」(芸能関係者)

 ある大手プロダクションは吉田に対し、3億円の契約金を提示したともいわれている。まずは年末年始、テレビ番組に出演しまくる吉田をチェックしてほしい。

芸能新着記事

» もっと見る

芸能界が目を見張る「吉田沙保里」の意外な才能

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP