エロス全開 トップ女優20名 高感度な下半身の秘密(2)

芸能・2020/06/27 22:00 / 掲載号 2020年7月2日号
エロス全開 トップ女優20名 高感度な下半身の秘密(2)

石原さとみ

閉じる

深キョンが極めた絶品ボディー

 4位には、石原さとみ(33)がランクイン。恋愛ドラマのヒロインとして、また、最近はシリアスな職業ドラマの主人公としても定評があり、女優としての評価をグングン高めている。CMでは、意外な豊乳ぶりが注目されている。
「『金麦』のCMで自転車の立ち漕ぎをして坂を登ってくるシーン。“はぁ、はぁ、はぁ〜”と切らす息は、まるで喘ぎ声のよう。しかも、大きくペダルを踏んで漕ぐたびに、まん丸巨乳が右に左にと激揺れしているんです。30代になってボディーが丸みを帯びてきたのでしょうか、明らかにエロ進化を遂げています」(前出・広告関係者)

 プライベートでは、昨年、動画配信サービス『SHOWROOM』の前田裕二社長との破局が伝えられ、現在はフリーと見られている。

「一時は、結婚を視野に同じマンションに互いの部屋を借りて、事実上の夫婦生活を送っていました。しかし、食事中もスマホや新聞から目を離さない前田氏の情報ジャンキーな仕事人間ぶりに、次第に心が離れていってしまったようです」(前出・芸能記者)

 あれだけの美女、しかもおっぱい増量中の極上ボディーを目の前に、そりゃあないぜ前田さん。そんなことでは、きっと夜の“性活”も満足とはほど遠い日々だったに違いない。

「石原は、有名なシモネタ好きで、打ち上げの席で酔うと、女性スタッフらに“最近、いつエッチした?”といった質問責めにすることで知られています。性的なコミュニケーションを大事にしたいタイプだけに、草食系といわれる前田氏では物足りなかったんじゃないでしょうか。元カレのヤリチン男、山下智久との復縁説が囁かれるのももっともで、現在、複数のマスコミがマークしているようです」(同)

 そして5位には、綾瀬、石原と同じ所属事務所の深田恭子(37)が入った。深キョンは、5月13日に、自身21冊目の写真集『Brand new me』を発売したばかり。

「ハワイでのビキニ&サーフィンショットが満載と、ここ最近の写真集と内容的に大きな違いはありませんが、年を重ねるごとに研ぎ澄まされるボディーと美貌に相当自信を持っているようで、見せたくて仕方がないといった表情がエロい。相変わらずの豊乳ぶりと、シェイプされても量感を保った“ハミケツ”は、やはり一見の価値があるでしょう」(出版関係者)

 プライベートでは、年商200億円とも言われる不動産グループ企業の会長を務める、杉本宏之氏との熱愛で知られており、「すでに金沢のセレブ病院でのブライダルチェックも終え、婚前契約も交わし、指輪も購入済み。事実上の結婚生活を送っているとも言われています」(芸能ライター)というから、あとはタイミング次第ということか。

「写真集撮影のために、いつになくボディーメークに真剣に挑み、本人曰く、今の状態は深田恭子史上最高に仕上がっているそうですからね。特に、インナーマッスルが鍛え上げられ、アソコの締め付け力が増し増しになっているそうです。かつて“精子が少ない”と医師に言われたという杉本氏も、そんな彼女の“三段締め”の名器ぶりに連夜、大ハッスルしているのではないでしょうか」(同)

 6位は、4月末に第一子の妊娠を報告した北川景子(33)。昨年末に発表された、オリコン恒例の「女性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」で、北川は4年ぶりに1位に返り咲き、他社の同様のランキングでも、軒並み1位となっている。人妻となっても、その美貌は衰え知らず。

「’18年のTBS『オールスター感謝祭』での、4分間瞬きしないチャレンジに挑んだ際の、ドアップで捉えられ続けた美顔ぶりや、チャレンジが終わって流れた一筋の涙の美しさは今や伝説。夫のDAIGOが、“北川景子”が自宅で待っているという現実に慣れず、いつもドキドキしているというのも納得の神々しさでした」(女性誌記者)

 結婚から4年での妊娠だったが、不妊治療に通っていたことも分かっており、まさに、待ち望んだことだったに違いない。

「あの北川が、排卵日を狙って子作りSEXをおねだりしたり、クリニックでパックリとM字に開脚して、アソコにエコーの受像機を突っ込まれていた姿を想像すると、いやらしい気持ちになりますね」(同)
(明日に続く)

関連記事
関連タグ
芸能新着記事