美音咲月 2019年7月25日号

春競馬クライマックス 有名人馬主知られざる裏話・8

掲載日時 2019年05月15日 17時00分 [エンタメ] / 掲載号 2019年5月23日号

春競馬クライマックス 有名人馬主知られざる裏話・8
萩本欽一

萩本欽一/事務所の危機を愛馬が救う

 昭和の喜劇王・萩本欽一(78)は、ダービーに出走した馬を持っていた。競馬解説者の吉沢宗一氏が騎乗していたパリアッチで、ラッキールーラが勝った1977年のダービーで9着だった。

 この時、欽ちゃんは競馬場にいて、涙をこぼすぐらい感激。周りにいる人も、思わずもらい泣きするぐらいだった。

 以後も馬を持ち続け、その中には1999年の小倉記念をレコード勝ちしたアンブラスモア(フランス語で「私にキスして」の意味)がいる。欽ちゃん、この馬には今でも感謝している。というのも…。

 1993、1994年に『欽ちゃんのシネマジャック』というオムニバス短編映画を2本、自ら2億円を出資して製作したが、残念ながら大コケしてしまい多大な負債を背負っていたのだ。数年かけて完済したが、その時に助けとなったのが、アンブラスモアの稼ぎだった。

 同馬は1996年10月6日にデビューして以来、引退するまでの5年半で3億3343万円の賞金を獲得。手元にその8割が入ったおかげで、事務所存続の危機を乗り越えたという。
(明日に続く)

関連タグ:有名人馬主


エンタメ新着記事

» もっと見る

春競馬クライマックス 有名人馬主知られざる裏話・8

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP