RaMu 2018年12月27日号

ハメ撮り写真流出女子アナ 自滅覚悟で訴訟と被害届提出か?

掲載日時 2015年09月23日 19時00分 [芸能]

 ハメ撮り写真が一部写真誌に流出し、人生最大の大ピンチに陥っている女子アナXが、ついに腹を決めたようだ。
 写真誌の写真では顔にモザイク処理がされており、一目では誰だか分からないようになっている。それ故に、Xが騒ぎ立てると、本人だと認めてしまうことになってしまう。だが、もはやXの怒りは頂点まで達しており、収まることはない。“顔バレ”覚悟で、写真を流出させた人間に対して怒りの猛反撃を敢行する意向だ。

 現役女子アナの裸体のみならず、本番、フェラシーンが収められた、前代未聞の流出写真騒動は、一向に収まる気配を見せない。
 「あれから数週間経ちますが、いまもXは注目の的です。特に現役女子アナたちの反応がすごい。自分たちの身に降りかかるかもしれない出来事であるため、『こういう写真は絶対に撮らせないようにしよう』というのが合言葉のようになっています」(テレビ局関係者)

 当初はXも泣き寝入りするであろうというのが、大方の見方だった。なぜならここで訴え出てしまうと、顔にモザイクが掛かった流出写真が自分であると認めることになり、今後のアナウンサー生命が事実上、断たれることになりかねないからだ。だが、ここにきて情勢が大きく変わってきたという。

 流出写真に写っているのはXと、既婚者の不倫相手だ。Xからすれば、写真を持っている可能性があるのは不倫相手しかいないはずで、流出元として疑っている。日に日に怒りは募る一方であるため、ついに反撃することを決断したという。
 「Xは、女子アナとして、そして一人の女性として最も傷つくことをされ、当初はとても落ち込んでいたのですが、どんどん怒りが沸いてきたようです。このような卑劣な行為を許すことができず、どういう形か分かりませんが、警察か裁判所なりに訴え出るつもりのようです」(芸能プロ関係者)

 公に訴え出るとなると、当然ながら世間にバレてしまう。
 「もちろんXも分かっているし、覚悟もしている。だけどそのようなことで、ひるまないでしょう」(前出テレビ局関係者)

 Xによる怒涛の反撃で、流出写真騒動は第二幕を迎えることになりそうだ。

関連タグ:女子アナ「ハメ撮り」流出


芸能新着記事

» もっと見る

ハメ撮り写真流出女子アナ 自滅覚悟で訴訟と被害届提出か?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP