『SMAP』“リモート再結成”!? コロナ禍のリレー動画でまさかの…

芸能・2020/05/10 20:00 / 掲載号 2020年5月21日号
『SMAP』“リモート再結成”!? コロナ禍のリレー動画でまさかの…

画像はイメージです

閉じる

 コロナ対策で自宅待機を余儀なくされている人々を元気付けようと、ミュージシャンやお笑い芸人などが、ネットでさまざまな動画をアップしている。

 そんな中、まさかの再結成をウワサされているのが『SMAP』だ。

「3月いっぱいでジャニーズを退所した中居正広も、結局、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の『新しい地図』には合流しませんでした。独立に反対し、他の4人と対立した木村拓哉との溝は埋めようがなく、再結成は不可能とされてきましたが、この新型コロナウイルスによる世界的な危機によって風向きが変わる可能性が出てきたのです」(芸能記者)

 4月上旬にNHKの人気ドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』が、公式ツイッターで再放送のリクエストを募集したところ、《今の日本にはSMAPが必要です》とのコメントとともにSMAPの回の再放送を熱望する声が殺到した。

「ジャニーズとしては、木村以外の4人が“反旗”を翻している以上、ドキュメンタリーの再放送は容認しがたいが、歌番組での映像使用はOKしているんです。実際、SMAP解散後も、過去を振り返る歌番組などではメンバー5人での歌唱シーンが流れていますからね」(同・記者)

 現在、星野源や八代亜紀などが呼び掛け、それに応じた有名人がリレー動画で歌やダンスを披露している。このシステムなら、SMAPの“リモート再結成”も夢じゃないというのだ。

「例えば、大御所の東山紀之や近藤真彦が呼び掛ける形で、SMAPの名曲をリレーで歌うという企画も考えられる。これなら5人が連続で歌わなくても、間に若手のジャニーズタレントなどを挟むこともでき、“リモート再結成”が可能になる。昨年亡くなったジャニー喜多川氏の遺志を継ぎ、コロナで沈んだ日本を元気付けるという大義名分で、不仲がイメージ付けられたSMAPの解散を、今から美談にできますからね」(レコード会社幹部)

 プライドの高いキムタクも、待てよと言わない!?

関連記事
関連タグ
芸能新着記事