森咲智美 2018年11月22日号

石原さとみ、『ドリームマッチ』始球式に登場 今年は番長直伝の「二段モーション」!

掲載日時 2018年07月31日 08時14分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

石原さとみ、『ドリームマッチ』始球式に登場 今年は番長直伝の「二段モーション」!

 30日に東京ドームで行われた『サントリードリームマッチ 2018』に女優の石原さとみが登場し、始球式を行った。

 今年で5年連続で始球式の大役を務めることとなった石原。初登場となった2014年は、撮影中に右手を負傷した影響で、左で投げる苦肉の策に出た。傷が癒えた翌年からは、レジェンドピッチャーのコピーを披露している。2015年は元ロッテオリオンズ・村田兆治氏の「マサカリ投法」、2016年はメジャーリーグで旋風を起こした野茂英雄氏の「トルネード投法」、昨年は元阪急の山田久志氏や元ロッテマリーンズの渡辺俊介氏の「サブマリン投法」をまねた。ドリームマッチファンに合わせ、往年の大投手たちの”クセの強い”ダイナミックなフォームをチョイスし、会場を大いに沸かせている。

 すっかり恒例となったコピー始球式にファンも「今年はどんな投法かな」と注目する中、石原は紫の衣装に見を包んで登場。「今年は投法が思い付かなかったので、アンケート1位の投球フォームで」とマウンド上で語り、ファンを期待させた。乾杯のイベントを挟んで再登場した石原は、丹念にマウンドをならすと、大きく振りかぶり足を2回上げる「二段モーション」を披露。ボールは無念にも中畑清(右打席)、前田智徳(左打席)両打者の足元でワンバウンド。思わず天を仰いだ。

 これは今回ドリームマッチ初出場で、先発を任された「ハマの番長」三浦大輔のフォームをまねたもの。「二段モーション」は、足を一度止めてからもう一度上げるフォームだが「止まれなかった」と後悔の念をにじませた。ただ、番長から直々にブルペンで指導されたことを明かしながら「ていねいに教えてくれた。三浦さんカッコイイ」とうれしそうにコメントした。

 すっかりおなじみになった「コピー始球式」。ファンの注目度も上がっているようで、終えたばかりにもかかわらず「来年はどのフォームかな」と、気の早いファンたちは楽しそうに語り合っていた。"なりたい顔No.1女優"の、違った一面が見られる始球式。来年も要注目だ。

取材・文・写真 萩原孝弘

関連記事
オリックス川栄李奈に続いて、こじるりが始球式登板!親子ヒーロープロジェクトで実現
「悔しい!」佐野ひなこ、2度目の始球式もノーバン投球ならず!
張本氏、『Xゲームズ』に「なにが楽しいのか」 “新スポーツに理解がなさすぎる”と批判殺到
100回目の夏 高校野球は送りバントのドラマだ
連敗巨人はベテラン総動員!高橋監督が若手起用をためらう理由は…

スポーツ新着記事

» もっと見る

石原さとみ、『ドリームマッチ』始球式に登場 今年は番長直伝の「二段モーション」!

Close

WJガール

▲ PAGE TOP