林ゆめ 2018年12月6日号

イチロー引退か 大谷翔平「メジャー移籍」で浮上したマーリンズ

掲載日時 2017年09月22日 16時00分 [スポーツ] / 掲載号 2017年9月28日号

 「二刀流」大谷翔平(23)の商品価値を再高騰させようと、日本ハム・栗山英樹監督は9月12日の楽天戦(札幌ドーム)での先発を早々と公表。メジャー首脳の取り込みに躍起になっている。中でも急接近しているのが、イチローの引退が噂されるマーリンズだ。

 大谷は8月31日のソフトバンク戦で50日ぶりに先発。今季最速の160キロをマークしたものの、4回途中4失点。今季初登板となった7月12日のオリックス戦でも、1回と3分の1を投げ、2安打3四球、4失点だった。バットは全開だが、投手としては右足首に不安を残すせいか、本領を発揮できていない。
 「ヤンキースのキャッシュマンGMをはじめ、視察に訪れたメジャー15球団のスカウト陣は『今の大谷はただ投げているだけ。コメントのしようがない』と困り顔でした。このままでは、ヤンキースやドジャースへの移籍は難しいと判断したのか、栗山監督はギアを一段上げ、大谷を先発マウンドに上げた試合で打席にも立たせる“リアル二刀流”の方針を打ち出しました。CS進出の可能性も消え、ファンサービスの狙いもあるのでしょうが…」(日本ハム担当記者)

 視察に訪れるメジャー各球団の狙いは、興行的にも魅力たっぷりの「二刀流」にあるためだ。しかし、ここにきて問題が発生している。大リーグ選手会が「二刀流での出場は投手と野手の両方の出場機会を奪う」と猛反発しているのだ。
 「投手・大谷が中5日で登板し、その合間に打席に立てば、米国人打者が食いっぱぐれるというのです。これは“アメリカ・ファースト”を掲げるトランプ大統領の意向と合致するもので、『MLBでプレーするなら、野手か投手か、はっきりさせろ』と迫っているのです」(スポーツ紙デスク)

 ヤンキース、ドジャース、レンジャースなどの人気球団には3Aからのし上がろうという好素材が大勢おり、大谷の「二刀流」に敵意をむき出しにしている。この先、そんなライバルたちの誰もを納得させる結果を残さないことには、大谷は選手会が“黙認”する二流のチームに進路を取るしかないのが実情だ。
 そこに着目したのが、投手が打席に入るナ・リーグ。中でも元ヤンキースのレジェンドであるジーター氏らの投資家グループが買収したマーリンズが、ここへ来て大谷入札の最有力候補に躍り出たという。来年44歳を迎えるイチローに代わり、「代打オオタニ」の構図である。奇しくも新入団の大谷が、イチローへ引退宣告を告げることになる。

 残るシーズンで好結果を出せなければ、メジャー各球団は今オフの大谷争奪戦から撤退する可能性がある。とはいえ、最大20億円のポスティング・システムは来年から下方修正されることがほぼ決まっており、送り出す日本ハムは大谷本人以上に気合いが入る。
 果たして、大谷と日本ハムは二刀流の売り出しに成功するのか。そこには2人の天才プレーヤーの未来も懸かっている。

関連タグ:北海道日本ハムファイターズ 野球


スポーツ新着記事

» もっと見る

イチロー引退か 大谷翔平「メジャー移籍」で浮上したマーリンズ

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP