紗綾 2019年8月1日号

宿命のライバルの因縁 松井秀喜「引退」を決断させたイチローのヤンキース残留(1)

掲載日時 2013年01月18日 11時00分 [スポーツ] / 掲載号 2013年1月24日号

 「松井は日本には帰ってこないですよ! ましてや将来的に読売巨人軍監督など引き受けるわけがない。あるとすればメジャー。しかも、ヤンキース監督なら引き受けるでしょう。これは相手がある話ですから松井本人の意思で決められることではないですが、現役時代から『僕の本心はヤンキースで引退したい』が願望であり、こだわりでした」
 松井秀喜(38)の父親・昌雄氏と親しいマスコミ関係者から聞いた話だ。松井の本心を知る数少ない人物の証言である。

 昨年12月27日(日本時間28日)、巨人、ヤンキースで活躍したゴジラ松井が引退を表明した。日米通算2643安打、507本塁打を放ち、20年間に及ぶ現役生活にピリオドを打った。
 昨年7月25日、レイズから戦力外通告を受けた後も、ニューヨークでトレーニングを続けていた。「トリプルAからでも這い上がってやる」。自ら鼓舞しメジャー球団からのオファーをひたすら待っていた。
 僅かな期待ながらも、古巣ヤンキースからの打診を待ちわびていた松井に、衝撃が走ったのは12月19日だった。FAとなっていたイチロー(39)とヤンキースが2年1300万ドル(約11億円)で契約したことを正式に発表したからだ。

 お互いライバル視する松井とイチローには運命の悪戯が隠されている。
 昨年7月23日、イチローがヤンキースへ電撃移籍したニュースは日米のファンを驚かせただけでなく、松井の胸には大きく突き刺さった。考えられない衝撃に絶句した。松井が最後の花道として熱望していたヤンキース復帰に、イチローもまたラストを飾る球団に選んだからだ。
 しかも、2日前に松井はレイズから戦力外通告−−。常に意識し合ったスター選手からすれば、屈辱以上のものだったに違いない。

 また、2人の立場は予期せぬ方向へも波及していった。昨年3月、大リーグ日本開幕戦レセプションで、松井との確執が消えてない渡辺恒雄球団会長が、イチローへ巨人監督要請したことだ。さらに、同8月には、ラジオ番組で将来の巨人監督として「松井かイチローか」という個人名を出した質問に対し「僕はイチロー」と渡辺会長は答えている。
 巨人の4番を背負った松井と外様のイチロー。松井は「読売は嫌いだから帰らない」または「ナベツネ嫌い」を発言したことはないが、松井が巨人からヤンキースへ移籍('02年)したときの経緯に携わった側近のアドバイスも、「意地でも読売には帰るなよ」だった。

関連タグ:メジャーリーグ 読売ジャイアンツ 野球


スポーツ新着記事

» もっと見る

宿命のライバルの因縁 松井秀喜「引退」を決断させたイチローのヤンキース残留(1)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP