紗綾 2019年8月1日号

宮崎あおい 夫がタトゥーで夫婦生活に赤信号

掲載日時 2010年02月18日 00時00分 [芸能] / 掲載号 2010年3月4日号

 「まるで、離婚した押尾学と矢田亜希子のようになってきましたね。“要注意なカップル”と言っていいでしょう」(プロダクション関係者)

 一昨年のNHK大河ドラマ『篤姫』に主演、一躍“国民的女優”となった宮崎あおい(24)の“お騒がせ夫”高岡蒼甫が自身のブログで、突然“タトゥー告白”をし、宮崎及び関係者を困惑させているという。
 《がっつり背中一面とかではない☆ どこかの海でお会いしましょうね(笑)》というもの。
 「1月24日のものです。タトゥーは右足首と腰に入れたそうです。彼が小さい時に亡くなった実弟と宮崎あおいの名前。そして、平和の象徴であるオリーブの木など、後になって“後悔しないもの”を選んで彫ったそうです」(芸能関係者)

 この告白の反響が大きかったせいか、2日後の1月26日には、押尾学や酒井法子が引き起こした事件を思わせるような、こんな独自の“タトゥー論”を展開してみせた。

 曰く(原文ママ)−−。
 《タトゥーしてる俳優が犯罪を犯しました。事件と関係ないタトゥーまでフューチャーされます。サーフィンやってる人が捕まればサーファーは皆が悪のような報道。クラブで薬やった奴がいたらクラブ行った奴は皆ジャンキー》

 高岡は、こうした風潮を批判しつつも、世の中にはタトゥーへの偏見が根強くあるので“TPOを大事にすることも必要”と綴ったのだ。
 「妻の名前を入れたことで不仲説を打ち消そうとしているのかもしれませんが、宮崎サイドはビックリしています。彼女は10本近くのCMに出ているんですよ。視聴者は彼女を見るたびに、その向こうにタトゥー姿の夫・高岡を見てしまう。イメージダウンも甚だしいですよ。TPOを一番わかっていないのは、高岡本人です」(芸能記者)

 高岡は昨年、グラビアアイドルとの“お泊まりデート”に加え、高級アロマエステに通う姿など、相次いでスキャンダルが報じられた。
 「これまで何かにつけて高岡をかばってきた宮崎も、もう“お手上げ”のようで、自宅での会話も全くないようです」(前出・同)

 夫婦生活に赤信号!


芸能新着記事

» もっと見る

宮崎あおい 夫がタトゥーで夫婦生活に赤信号

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP