菜乃花 2018年10月04日号

〈男と女の性犯罪実録調書〉女子高生を色情飼育しようとした サディスト強姦魔の“計略と誤算”(2)

掲載日時 2014年03月12日 16時00分 [事件] / 掲載号 2014年3月20日号

 山上の愚息はみるみる隆起し、リエの股間をまさぐりながら、「ヘヘヘ、濡れてきたな…」と笑みを浮かべ、大股開きにしてズブリと愚息を突き刺し、腰をグラインドさせた。
 「お前は繋がっているところをよく見ろ。もっとこっちへ顔を持ってくるんだ」
 山上は途中でペニスを引き抜き、そのペニスをチカに咥えさせた。
 「へへへ…、友達のオ○ンコはどんな味がする。美味しいか?」
 そんな凌辱プレイを何度も繰り返し、最後はチカの口内に射精した。

 「よし、次はお前とやるからな。入れ替わるんだ!」
 しかし、チカに「私、本当に処女なんです…」と懇願され、リエにも「この子はカンベンしてあげて…」と必死でかばわれた。
 「しょうがねえなァ、それならお前らのレズを見せろ。本気でやれ。お互いに胸を揉み合いながらやれ!」
 2人は観念して始めた。山上はそれを見ながら、ゲラゲラと笑った。ちょうどそこへ仕事が終わった中村から電話があった。
 「今夜のスポンサーから連絡があったぞ。アパートを借りるんだから、お前らから自発的にやるんだぞ」

 山上は中村に2人を引き渡し、自宅に戻った。ところが中村から電話があり、「あいつら、ガキじゃないか。こんな奴らを自宅に連れて行ったらヤバイことになる」と苦情を言われ、迎えに行くことになった。
 2人は再び山上の車に乗せられた。中村とカーセックスした顛末を聞いているうち、また勃起してきた山上は、「オレにもやってもらうぞ」と言って、山中に向かって走り始めた。

 徐々にその状況に耐えられなくなったチカは脱出を試みた。「トイレに行きたい」と言って車を降り、山上が油断したところを一気に山道を駆け下りた。
 「待てー、貴様っ!」
 山上は車に飛び乗り、その後を追った。そして、走っているチカに車体をぶつけ、転倒させた。
 「てめー!」
 「ゆ、許して…」
 山上はチカの髪を掴んで顔面を殴打し、車に連れ戻して全裸にした上、結束バンドで手足を拘束。SM道具を取り出し、尻を何度もスパンキングし、その上にローソクを垂らした。
 「ヒィーッ、あああ…」
 その様子を見て震え上がるリエに山上のS心に火が付き、「お前も連帯責任を取れ!」と言って、同じように全裸にしてスパンキングした。
 2人は全治10日以上のケガをした。

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

〈男と女の性犯罪実録調書〉女子高生を色情飼育しようとした サディスト強姦魔の“計略と誤算”(2)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP