菜乃花 2018年10月04日号

貞淑美女タレントの性白書 高橋由美子 色褪せない四十路の美貌に白磁巨乳ヘアヌード(3)

掲載日時 2017年09月01日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2017年9月7日号

 '94年の連ドラ『南くんの恋人』(テレビ朝日系)で注目され、'98年のドラマ『ショムニ』(フジテレビ系)で人気と存在感を不動のものとした高橋は、以後、2時間ドラマやNHK朝の連続テレビ小説、大河ドラマ、舞台、ミュージカルなどで安定した力を見せてきた。
 「ただ、素材のよさを考えると、もっと大きな女優になってもいいと思います。“濡れ場”にもチャレンジして、男たちの股間を大いに奮い勃たせて欲しいものです。それだけのセクシーバディを持っているのですから、なおさらです」(映画製作関係者)

 そんな高橋のセクシーバディを垣間見せたのが、2年前。
 「『週刊ポスト』で全7ページのカラーグラビアに登場し、惜しげもなく“ハミ乳”を披露したのです」(芸能記者)

 デビュー当時のプロフィールなどによると、T154センチ、B80・W58・H80となっている。
 「とんでもない。あの熟れ熟れのおっぱいは90のEカップ、乳首は薄桃色のままのようです。今も、ヘアヌード写真集のオファーが絶えないそうです。1億円のギャラでどうかという出版社もあるようです。実現したら売れますよ、これは」(出版プロデューサー)

 男関係はどうなっているのか。
 「“最初の男”は、17歳の頃に知り合った14歳も上の妻子持ち。彼女のコンサートスタッフで、陰に陽に彼女を支え、励ましてくれたそうです」(ワイドショー芸能担当デスク)

 次の男も6歳上のCM制作マンで、その後、堺雅人とも浮名を流したが、現在、男の噂は聞こえてこない。
 「それより今、彼女が気をつけないといけないのがアルコール、酒です。時々、二重アゴになって画面に登場することがありますが、これはすべてお酒のせいです」(テレビ局関係者)

 自宅の冷蔵庫には、いつもビールしか入っていないという高橋。
 「ビールを飲みながら、アニメ『ドラえもん』を見るのが至福の時というのですから何をか言わんやです」(前出・小松氏)

 また、“外飲み”も大好きで、おいしい酒を飲むために1時間ほど歩いてから新橋・神田界隈に出没するという。
 「いつも1人です。見ず知らずのサラリーマンと飲むのが楽しいそうです。母親からはよく“あんたには結婚は無理”と言われるそうです」(同)

 ともあれ、これからは体調管理に気配りしつつ“ハダカ”で勝負!!

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 高橋由美子 色褪せない四十路の美貌に白磁巨乳ヘアヌード(3)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP