菜乃花 2018年10月04日号

【新日本】松井珠理奈アンバサダーの職責を果たす!今年のG1決勝は武道館3連戦

掲載日時 2018年01月07日 13時56分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

【新日本】松井珠理奈アンバサダーの職責を果たす!今年のG1決勝は武道館3連戦

新日本プロレス『レッスルキングダム12』
▼1月4日 東京ドーム
観衆 34,995人

 第1試合開始前、場内のビジョンでカウントダウンVTRとオープニングVTRを上映。続いてリング上に“1・4東京ドーム・スペシャルアンバサダー”を務めるSKE48の松井珠理奈が登場。「この新日本プロレスの激闘を、世界中に届けて行きましょう」とファンに挨拶した。そして、珠理奈がファンと一緒に「みんなでプロレス! イッテンヨン!」のキャッチフレーズを叫び、大会がスタート。

 珠理奈は年末の忙しい合間を縫って、1.4ドーム大会に関する発信をし続けた。その甲斐もあってか、試合終了後にグッズテントを覗くと品切れの嵐。ドーム大会でパンフレットが完売したのは何年ぶりだろうか。これは今年に限った話ではないが、大会前もグッズテントの入場列は東京ドームホテルまで延びており、人気アーティストと何ら遜色ない光景である。

 珠理奈は3日にディファ有明で開催された『大プロレス祭り』に同じくSKE48の松村香織とともに、2人が出演していた『豆腐プロレス』のトークショーも行っている。ここでも最後に「プライベートでも絶対に1.4東京ドームに行こうと思っていたんですけど、まさかアンバサダーに選んで頂けるとは…。これからもプロレスをまだ知らない方にも広めていきます!」と今後もプロレス布教に一役買って行くことを力強く宣言した。

 テレビ解説は、蝶野正洋、松木安太郎とともにゲスト席に座ると、決して知ったかぶることなく、積極的に話していたのが印象的だった。特に最後の2試合は大興奮していたようだが、今年上半期の新日本は、例年以上に大会場を開催を連発する。

【新日本プロレス2018年上半期主要日程】

▼1月27日(土)&28日(日)『THE NEW BEGINNING in SAPPORO〜雪の札幌2連戦〜』北海道・北海きたえーる
▼2月10日(土)『THE NEW BEGINNING in OSAKA』大阪・エディオンアリーナ大阪
▼3月6日(火)『旗揚げ記念日』大田区総合体育館
▼現地時間・3月25日(日)『STRONG STYLE EVOLVED』アメリカ・ロサンゼルス ロングビーチWalter Pyramid
※2度目のロサンゼルス大会。
▼4月1(日)「SAKURA GENESIS 2018」両国国技館
▼4月29日(日)『レスリング火の国 2018』熊本・グランメッセ熊本
▼5月3日(木・祝)&4日(金・祝)『レスリングどんたく 2018』福岡・福岡国際センター
▼5月18日(金)『BEST OF THE SUPER Jr.25』開幕
▼6月9日(土)『DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL』大阪・大阪城ホール
▼6月15日(金)『KIZUNA ROAD 2018』開幕
▼“真夏の最強戦士決定戦”『G1 CLIMAX 28』
7月14日(土)&15日(日)東京・大田区総合体育館で開幕
7月16日(月・祝)北海道・北海きたえーる
▼『G1 CLIMAX』優勝決定戦
8月10日(金)、11日(土)、12日(日)東京・日本武道館
※『G1』で初めてとなるだけでなく、日本武道館の使用自体が15年ぶり(2003年6月以来)の開催となる。

 今年の夏、両国国技館が使用できないという話題は昨年からあったが、その代替として日本武道館を選ぶとは驚いた。しかも3連戦だ。国技館より5,000人は入る武道館を札止めにするには、プロレスを多角的に広めてもらう人材は不可欠。今月末のきたえーる2連戦然り、5月のどんたく2連戦然り、大会場を2日押さえているシリーズも目に止まる。珠理奈のアンバサダー就任と活動内容は、プロレスファンにも概ね歓迎されていたので、今後もプロレスの発信を続けて、会場にファンを呼び寄せてもらいたい。

取材・文 / どら増田
カメラ / 舩橋諄

関連記事
【新日本】「スタンドの空席を埋める」“絶対王者”オカダ、内藤に傾いた流れを渡さず!
イチローの去就問題に新たな見解 マリナーズとオリックスが本気で獲得を目指さない真相
【RIZIN】“快勝”那須川天心、大人の事情をブッ壊せ!夢のカード&トーナメントを提唱
【12.29RIZIN】“ミスター女子プロレス”神取忍、54歳の挑戦に浪漫を感じろ!
「9番柳田!?」長嶋茂雄氏が考える最強侍ジャパン

スポーツ新着記事

» もっと見る

【新日本】松井珠理奈アンバサダーの職責を果たす!今年のG1決勝は武道館3連戦

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP