片山萌美 2019年7月4日号

貞淑美女タレントの性白書 桐谷美玲 ジャニタレにモテモテの 隠れEカップ巨乳とフェラ上手(2)

掲載日時 2013年09月16日 14時00分 [芸能] / 掲載号 2013年9月26日号

 そして、ラグビー部のマネージャーとして部活に励んでいた1年生の時、現在の事務所にスカウトされた。
 「身長164センチで、股下82センチという長〜い脚を見初められてスカウトされたのです。高校・大学に通いながら仕事をこなしていました。大学は、フェリス女学院文学部コミュニケーション学科で、メディア論、言語学、心理学などを学んだそうです」(芸能ライター・常山洋氏)

 デビューは映画『春の居場所』。'06年、ティーン雑誌『Seventeen』の専属モデルに選ばれ、同誌に登場するやいなや絶大な反響を叫び、表紙登場回数最多記録を誇るカリスマモデルとして君臨した。
 「当時の『Seventeen』は明るく元気な榮倉奈々の全盛期。正統派美少女の桐谷は分が悪かったが、『美玲さんの生活。』というポラロイド写真に本人手書きのコメントを付けたコーナーがバカ受け。見た目と親近感あふれる“ゆるかわキャラ”で大ブレイクしたのです」(ファッション雑誌記者)

 スリーサイズはB78・W57・H83と、かなりの細身だが“Eカップ巨乳”の持ち主だという。
 「胸板が薄くて乳房にボリューム感があるんです。本人も自慢のプルプルおっぱいです」(モデル関係者)

 昨年12月には、アメリカの映画サイト『TV Candle』が毎年恒例で発発する『世界で最も美しい顔100人ランキング』で12位に初ランクインした桐谷だが、弱点もある。
 「あの美少女顔からは想像もつかない寝顔の持ち主。ポッカリ口を開きウス目を開けたまま、どこでも3分で寝てしまうんです」(芸能プロ関係者)

 そこで生まれたのが、こんなイタズラ話。
 「彼女と一緒に仕事をしていたある男性タレントが、いたずら半分に、指を口の中に突っ込んだところ、おいしそうにペロペロと“しゃぶった”のでビックリしたそうです。まるでフェラされている気分だったそうです。もし次回、チャンスがあったらイチモツを突っ込む気でいるようです」(芸能記者)

 高校時代からの“臭いフェチ”でもあるという。
 「ラグビーのユニホームに染み込んだ汗臭いニオイの虜になり、今でも酸っぱいニオイに興奮するそうです。やはり、大好物は男もののシャツのようで、このニオイを嗅いで持ち主を当てるのが得意のようです。このとき、自然とマル秘部分が濡れてくるようです」(事情通)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書


芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 桐谷美玲 ジャニタレにモテモテの 隠れEカップ巨乳とフェラ上手(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP