葉月あや 2019年5月2日号

さっしーが運営側にズバっともの申せなかった理由

掲載日時 2019年03月24日 21時00分 [芸能]

さっしーが運営側にズバっともの申せなかった理由
NGT48

 アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(26)が、24日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演。NGT48の山口真帆(23)が暴行被害を受けた事件をめぐる運営側の対応について苦言を呈した。

 山口の事件をめぐっては、NGTを運営するAKSの役員らが、第三者委員会の調査報告書を説明するため22日に会見。ところが、会見の最中、山口が「なんで嘘ばかりつくんでしょうか」などと運営側に対する反論をツイッターに連投。山口の書き込みに対し、運営側の説明は二転三転し会見は紛糾していた。

 「おそらく、山口が最も許せなかったのは、ファンとの私的領域での『つながり』があるメンバー12人が第三者委員会の調査で発覚したにもかかわらず、運営側が不問にしたこと。怒りは収まらないようなので、今後、さらなる“爆弾”を投下しそう」(アイドルウォッチャー)

 同番組で指原は、もともと山口と面識がなかったものの、事件発覚後、同番組で事件について話すことを、山口にSNSで報告していたことを明かした。

 そのうで、会見について、「会見を見ていて、結局、納得いかなくって」、「これで解決したって会社が思ってはいけない。終わらせてはいけない」などと苦言を呈したが、いささか歯切れが悪い感じだった。

 「今回の事件の発端はメンバーとファンとのつながり。ところが、指原といえば、ファンとのつながりどころか、“ガチ交際”を週刊誌にすっぱ抜かれAKBからHKTに左遷さえた“黒歴史”がある。奇跡的にクビにならなかっただけに、運営側にズバっ言えるはずがない」(芸能記者)

 どうやら、指原には山口の気持ちを理解することは難しそうだ。


芸能新着記事

» もっと見る

さっしーが運営側にズバっともの申せなかった理由

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP