広瀬すず“しばらくガマン”の日々!? 来年大河ドラマ主役と濃厚接触疑惑

芸能・2020/04/13 12:20 / 掲載号 2020年4月16日号
広瀬すず“しばらくガマン”の日々!? 来年大河ドラマ主役と濃厚接触疑惑

広瀬すず

閉じる

「いくら何でも仲が良過ぎるんじゃないでしょうか。あれで何もないというのは、逆に不自然でしょう」

 映画関係者がそう言うのは、3月20日に公開された映画『一度死んでみた』に出演する、広瀬すずと吉沢亮の2人だ。
「共演は、昨年の前期に放送されたNHK朝ドラ『なつぞら』以来。広瀬演じる主人公がアニメーターを志すきっかけとなった同級生・山田天陽を演じたのが吉沢。そのお似合いの2人が作り出す優しく微笑ましい雰囲気に、“結ばれるストーリーだったらよかったのに”と多くのファンが願ったほど。ピッタリと息の合った様子に熱愛説も囁かれました」(芸能記者)

 そんな2人の再共演ということで、あらためて熱愛説が再浮上しているというのだ。

「劇中での2人は、朝ドラとは関係性が大きく違うものの、やはり息はピッタリ。公開当日に行われた記念イベントにそろって出席した2人は、壇上での直接のカラミこそ多くなかったものの、お互いがマイクを持って“恥ずかしいエピソード”を披露するときのニヤニヤ顔と、時折、同意を求めて相手の反応を確かめるように顔をのぞき込む様子は、付き合っている者同士のソレにしか見えませんでした」(前出の映画関係者)

『なつぞら』終了時には、夫役の中川大志との熱愛関係も疑われていたが、
「番組公式ツイッターでの本物の恋人のようなツーショットや、CM共演歴などもあり、親密な関係がウワサされましたが、あれは吉沢との関係からマスコミの目を遠ざけるためのカムフラージュ。中川が2人のためにダミー役を買って出たのでは、とも囁かれ始めています」(前出の芸能記者)

 吉沢は、先の『第43回日本アカデミー賞』では、映画『キングダム』の演技が評価されて最優秀助演男優賞を受賞。来年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主演に抜擢されたことも話題の“国宝級イケメン”。『なつぞら』をヒットさせ、誰もが認める国民的女優となった広瀬の相手として、つり合いが十分にとれる相手だといえそうだ。

 とはいえ「熱愛宣言」は、しばらくはできそうもない。

「大河を控えた中で、いきなりの“でき婚”なんてことになれば、さすがの吉沢も無傷ではいられないし、NHKも失望を隠さないでしょうからね。何か表立った動きがあるとすれば、来年の大河が終わってからになるでしょう」(同・記者)

 約2年もの間、堂々とデートもできない日々が続くのかと思うとかわいそうな気もするが…。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事