林ゆめ 2018年12月6日号

NHKの忖度なしで加速するジャニーズ事務所の“草なぎ潰し”

掲載日時 2018年03月12日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2018年3月15日号

 ジャニーズ事務所による元SMAPの草なぎ剛(43)潰しが加速しそうだ。

 草なぎはすでに、レギュラー番組の『ぷっすま』(テレビ朝日系)が3月末で終了することが明らかになっている。
 「元SMAPでは香取慎吾が出演していた『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)も、3月いっぱいで終了する。香取はジャニーズを辞める前から“反ジャニーズ”の態度を取っていましたが、草なぎは表には出さなかった。そのため、レギュラー番組は打ち切りにならないだろうと思われていたのですが、ジャニーズはNHKが1月に放送した実録ドラマの主演に草なぎを起用したことに危機感を強め、“草なぎ潰し”に躍起になり始めたのです」(芸能関係者)

 昨年9月にジャニーズ事務所を退所した香取、草なぎ、稲垣吾郎の3人は、元SMAPのチーフマネージャーだった飯島三智氏が立ち上げた事務所『CULEN』に所属。飯島氏は3人をAbemaTVの『27時間ホンネテレビ』に出演させ、売り出しに成功したが、結果的にジャニーズにケンカを売る形になってしまった。
 「民放各局は3人を起用することに二の足を踏んでいますが、NHKだけは違う。特に草なぎの場合、1月27日に放送された赤報隊事件をテーマにした“未解決事件ドラマ”の主演に抜擢し、今や看板番組となった『ブラタモリ』のナレーションを務めるなど、タモリにも可愛がられていますからね。これを受けジャニーズ側も今後、NHKは忖度なく3人を起用するものと見ている」(同)

 2月7日に草なぎ主演の舞台『バリーターク』(4月14日から)の制作発表会見が行われたが、民放のカメラは1台も見当たらなかったという。
 「3日からは、関西ジャニーズJr.の藤原丈一郎と大橋和也がW主演するミュージカル『リューン〜風の魔法と滅びの剣〜』が開催されており、草なぎ側があえてぶつけてきたのでは。草なぎは1月末に“反ジャニーズ”の女性週刊誌のインタビュー取材も受けているため、さらに“潰し”は加速しそうです」(夕刊紙記者)

 遺恨は消えそうにない。


芸能新着記事

» もっと見る

NHKの忖度なしで加速するジャニーズ事務所の“草なぎ潰し”

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP