美音咲月 2019年7月25日号

本好きオヤジの幸せ本棚(92)

掲載日時 2014年03月05日 12時00分 [エンタメ] / 掲載号 2014年3月13日号

◎オヤジ人生にプラス1のこの1冊
『雨の向こう側』(高田侑/ハヤカワ文庫JA 777円)

 ある程度の年齢を過ぎた大人であれば、成就しなかった恋の想い出を一つくらいは持っているものではなかろうか。全く恋愛経験がない人、あるいは幸運にも最初の恋がそのまま満ち足りた関係にまで発展して今に至っている人、もいるのだろうけれど、少数派と言っていい。
 本書はまさしく悲恋の想い出を11年間、抱えて生きてきた女性を主人公にした小説だ。
 29歳の井上美尋はシングルマザー。10歳の美和を育てながら、金属メッキ加工を主力にしている工場で働いている。基本は事務職だが雑用もこなす。ある日、社長の息子で専務の立場にある西島一馬から食事に誘われた。結婚を前提に交際してほしいと言われる。玉の輿の生活を手に入れるチャンスだ、と喜ぶことはできない。11年前、高校3年生のときに心の底から愛し合い、しかし倫理的に許されないとする周辺からの圧力のために別れざるを得なかった教師・中山のことをずっと想い続けてきた。その中山が突如、新入り配送車ドライバーとして入社してきた…。
 本書が甘ったるいだけの恋愛小説になっていないのは、圧倒的なリアリティーを持っているからだ。美尋の職場での仕事ぶり、回想シーンでの男女の触れあい方、一つ一つが地に足の着いた書き方で描かれる。人生の苦味から目を逸らさない、胸に迫ってくる恋愛小説だ。
(中辻理夫/文芸評論家)

◎気になる新刊
『不屈の翼』(岡崎敏/日刊スポーツ出版社・1680円)

 40歳を超えても世界の第一線で活躍し続けるジャンパー“ザ・レジェンド”葛西紀明。ソチ五輪では、個人で銀、団体で銅メダルを獲得したが、彼の最終目標はそこではなかった。神風・葛西のジャンプ人生に密着したノンフィクション。

◎ゆくりなき雑誌との出会いこそ幸せなり

 バズル雑誌の中でも異彩を放ってファンの支持を得ているのが『キャラさがしランド』(主婦と生活社/480円)。
 人気キャラクターが絵の中のどこに隠れているのか、または見慣れているはずのキャラクターが、どこか間違っている…など、工夫をこらしたゲームが楽しめる誌面だ。
 読んでみると、意外とオヤジもハマる。何しろ登場するのが「リラックマ」「おじぱん」「なめこ栽培キット」「うさぎのモフィ」など有名なキャラクターばかりで、癒やされながら脳トレにも役立つ。主な購買層は子供や女子だろうが、中高年でも十分に堪能できる内容だ。
 最新号では、計41問を掲載。問題別に難易度が表示されており、簡単なものは5分もあれば、難しい問題は時間も掛かり、ちょっとした暇つぶしにも最適だ。
 もちろん商品もあり。最高10万円の現金ゲットをはじめ、ヒット家電やiPadなどが並んでいる。
(小林明/編集プロダクション『ディラナダチ』代表)
 ※「ゆくりなき」…「思いがけない」の意

関連タグ:本好きオヤジの幸せ本棚


エンタメ新着記事

» もっと見る

本好きオヤジの幸せ本棚(92)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP