園都 2018年6月28日号

一部にはあざといと言われても…カーリング女子が可愛い4つのポイント

掲載日時 2018年03月06日 12時15分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

一部にはあざといと言われても…カーリング女子が可愛い4つのポイント

 3月3日深夜に放送された『俺の持論』(テレビ朝日系)では、ピン芸人の井上マーが出演。カーリング女子をカワイイと感じてしまう理由を4つのポイントに求めて紹介した。

 まず、井上は「(カーリング女子は)他のアスリートと比べて日焼けをしていない。北国出身の選手ばかりで、室内練習場のみでトレーニングを積んできているわけですから、非常にお肌が白い」と競技の都合上、色白の女性が多いため、そこに魅力を感じてしまうのではと語る。

 次に、「グループ効果。アイドルもそうなんですけど、そんなに差のない女性たちを並べる。そして、その中でちょっとしたデコボコ…やっぱり男性は気になりますよね。『あの娘のあんなところがいいな』『この娘のこんなところいいな』って言ってる間にチーム全体を好きになっている」と選手間の個性がバラバラであるため、魅力を探しやすく、なおかつ相乗効果が生まれ人気が高まりやすいと主張。

 そして、「3つ目は上目遣いです。他にあります?あんなに長い時間、女子の真剣な上目遣いをテレビで何回も見られる。そんな体験、カーリングしかないんですよ」とストーンは低姿勢で投げるため、投げる選手はどうしても上目遣いに映ってしまう。そのため、男性はその上目遣いを何度も見ることになり、次第にウットリしてしまうと口にする。

 最後に、「これがメインでございます、レフ板効果。最終的に照明ですよね。ギンギンに輝いた照明がスケートリンクに映って、彼女たちの元々白い肌をより綺麗に映し出してる。もう会場はアイドル製造場なんです」と会場が肌を綺麗に見えるように設計されているため、より選手たちを綺麗に見せていると熱弁した。

 ネット上では、「こういう持論も面白いな」「確かに肌がすごくキレイに見える」「上目遣いは気にしたことなかった」などなど、井上の持論に楽しんだ人の意見が多く寄せられた。

関連記事
“カー娘”数字持ってる 平昌五輪での人気を受けて大手芸能\プロ入り?
故障者続出のソ\フトバンクが検討? 元巨人・村田がファイナル・アンサー
「普通の味」…カーリング女子愛食「赤いサイロ」、徳光和夫の口に合わず?
羽生結弦、帰国会見で笑顔「つらい時期、苦しい時期」を乗り越え、次期大会へ意欲
「必死です!」稲垣、草なぎ、香取新曲披露 売上全額寄付のパラスポ応援ソ\ング

スポーツ新着記事

» もっと見る

一部にはあざといと言われても…カーリング女子が可愛い4つのポイント

Close

▲ PAGE TOP