わくわく地方競馬

エンタメ・2019/11/07 22:10 / 掲載号 2019年11月21日号
わくわく地方競馬

画像はイメージです

閉じる

 ホッカイドウ競馬では、令和元年度開催最終日の11月7日、シーズンの最後を締めくくる総決算レース『第62回道営記念』(H1)が実施される。

 ファン投票上位8頭と指定競走「ハーツクライ・プレミアム」の優勝馬に優先出走権があり、ホッカイドウ競馬で行われている古馬の重賞では唯一、交流競走に指定されていない。ホッカイドウ競馬で、名実ともに最強馬を決定する重要な一戦だ。

 王者スーパーステションの名前がないのが残念だが、全国レベルでの実績では断トツのヒガシウィルウィン、ホッカイドウ競馬史上5頭目の三冠馬に輝いたリンゾウチャネル、’15年の3歳二冠馬にして、’16年&’17年道営記念連続2着のオヤコダカ、’17年の優勝馬ステージインパクト、この顔ぶれの中でもただ1頭「JRAダート重賞勝ち」がある実績馬モルトベーネ、そして、それらのトップホースを抑えて先月の瑞穂賞(H2)を優勝した’16年の東京ダービー馬バルダッサーレなど、超豪華メンバーが集結した。

 発送時刻は20時40分。今年のホッカイドウ競馬を締めくくる一戦で、どのようなドラマが繰り広げられるのか注目したい。

 当日は「ファン感謝DAY」と銘打って、様々なイベントも予定されている。中でも見逃せないのはトークステージだ。

 ホッカイドウ競馬オフィシャルサポーター・上杉周大氏をゲストに迎えて、馬産地ライター村本浩平氏とともに、道営記念と『ブロッサムカップ』(H3)の予想トー

関連記事
関連タグ
エンタメ新着記事