菜乃花 2018年10月04日号

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 ポンコツ上司への母性本能が性欲に変化して激ピストン姦

掲載日時 2017年07月14日 23時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年7月20日号

(亜希恵さん=仮名・24歳・OL)

 私と先輩の斉藤さんは、こなしきれないほどの仕事を与えられ、毎晩2人だけで残業させられていました。
 そんなある日、斉藤さんが女部長から「このハゲ〜ッ、違うだろう」とミスを怒鳴られ、平手で顔を殴られる事件が起きたんです。
 一切抵抗せず、されるがままの姿を見て涙が出ました。斉藤さんはこんなに嫌なことがあっても落ち込まず、残業中の私を気遣ってくれました。

 その日も残業していると、あまりに肩が凝っていたので、自分で揉んでいたら、「大丈夫?」と笑顔で声を掛けられました。うれしかった私は「恐縮ですが、少しだけ揉んでいただけますか?」と勇気を出してお願いしてみたのです。
 「ああっ、これは凝ってる。やはり、立派な胸が原因なのかな…」
 ブラサイズはEカップ。たぶん、片方1キロくらいの重さはあるでしょう。
 「そう。持ち上げてもらえると楽になるかも」
 私は露骨に挑発してしまったのです。
 「えっ、いいの?」
 「先輩が元気になるなら」
 「もう、下半身が元気になっているんだけど…」
 彼は私の胸を下から支え、「いやぁ、すごく重いね」と感激しました。

 斉藤さんは興奮したのかブラウスとブラを脱がせ、椅子を回転させて真正面からオッパイを眺めます。
 「こんなきれいな胸、見たことない。吸わせて」
 私は愛しくなってうなずき、彼を抱きしめていました。ハゲた頭の産毛が赤ちゃんみたいですごくかわいいの。
 チュウチュウと乳首を吸われると、すごく感じてしまい、母性本能がやがて性欲に変化します。

 「先輩、好きにしていいよ」
 直球の誘いに彼は一瞬戸惑いましたが、近くにあるソファに私を寝かせ、勃起したペニスを目の前に晒しました。
 硬いモノが挿入された瞬間、頭の中が真っ白になり、子宮をコリコリ刺激されるたびに体がビクンと跳ねます。彼はとても激しいピストン運動を続け、「出ちゃう」とささやきます。
 「中はダメ。お口に出して」
 私が口を大きく開けると、すごい勢いで温かい精液が大量に放出されました。もちろん、彼が大好きだから全部飲んで…。

 その日から、私たちは地獄のような残業の中に小さな天国を見つけたのでした。
(書き手・奈倉清孝)

関連タグ:女のSEX告白

エンタメ新着記事

» もっと見る

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 ポンコツ上司への母性本能が性欲に変化して激ピストン姦

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP