彩川ひなの 2018年7月5日号

「計画的で悪質」史上最悪のスピード違反!235キロで中央道を疾走した男、逮捕

掲載日時 2018年03月02日 15時07分 [社会] / 提供元 リアルライブ

「計画的で悪質」史上最悪のスピード違反!235キロで中央道を疾走した男、逮捕

 警視庁は1日、一昨年前、中央道の上り線で時速235キロを出して自動車を運転したとして、41歳の男性会社員を逮捕したと発表した。

 男は2016年1月29日、中央道東京都国立市付近で法定速度の100キロを大幅に上回る235キロで走行。速度違反取り締まり装置・通称「オービス」が車を検知し、2018年になり逮捕された。この「135キロオーバー」という数字は、警視庁によると史上最悪とのことだ。

 容疑者が乗っていた車はアメリカ車「チャレンジャー」で、前のナンバープレートが外された状態で走行。暴走目的で中央道に乗り、車を走らせていた模様。

 さらに、これまでに犯人と思われる男は5回オービスに検知されており、その際中指を立てるなど、挑戦的な態度を取っていたこともあったという。取り調べに対し、「自分かどうかはわからないから認めない」と供述。今後警察が証拠固めを行っていくものとみられる。

 新幹線並みの235キロという速さで高速を走るという行為は異常で、一歩運転を間違えれば大惨事となる可能性もあった超危険行為。過去最悪レベルの自動車犯罪と言っていいだろう。

 常軌を逸した事件の報を聞いたネットユーザーからは、「頭がおかしい」「煽り運転よりもたちが悪い」「計画的にやっていて悪質」など、怒りの声が。また、235キロの車を検知したオービスの高性能ぶりや、2年前の違反でも捕まえる警察の執念に驚きの声も出た。

 高速・一般道に限らず、法定速度を越えての走行は交通違反であり、事故の危険が増大する。絶対にやめるようお願いしたい。

関連記事
理由は「急いでいる」高速でトレーラーを煽り木刀で殴打した男
「ながらスマホ」で自転車…77歳女性を死亡させた女子大生のあまりにもひどい状況
徳島県警OBで元交番相談員がコインランドリーで女性の下着盗む
規範意識はどこに? 高松の小学校教諭が飲酒運転の上、ひき逃げ
大阪・高槻市営バス運転手が“替え玉”でアルコール検査受ける

社会新着記事

» もっと見る

「計画的で悪質」史上最悪のスピード違反!235キロで中央道を疾走した男、逮捕

Close

▲ PAGE TOP