菜乃花 2018年10月04日号

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 未払い給食費を取り立てに行き生徒の兄から利子分も体で徴収

掲載日時 2017年10月12日 23時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年10月19日号

(真希さん=仮名・27歳・中学教師)

 うちの自治体では、給食費を払わない子の家に教師が出向き回収するんです。だから、借金取りのように父兄を訪ねるのがすごくストレスでした。
 払わない親はたいてい居留守を使います。そんなある日、何度電話しても無視し続ける問題のある家庭を夜遅く訪問しました。
 すると、出てきたのは年の離れた生徒のお兄さん(25)。彼は「父は払っていなかったんですか? 申し訳ございません。僕が立て替えます」と今までの不足分すべてを精算したのです。
 それから、「先生みたいな美女が夜道を歩いていたらレイプされる。送らせてください」と車まで出してくれたのでした。

 「教師っていう仕事も大変ですね。本来なら授業だけやっていればいいのに、こんな辛い仕事まで押し付けられて…」
 私の苦労を想像してもらったことに対し、感極まって目頭を押さえました。
 「ごめんなさい。僕のせいで泣かせてしまって」
 車を止めて、いきなり唇に軽いキス。それからラブホテルに入りました。
 「何するんですか? ダメよ。私、帰ります」
 混乱しながらも抵抗すると、今度はディープキス。わずかな抵抗する気力も奪われてしまいました。
 「給食代の利子を僕の体で払わせてください」

 それから強引に部屋まで手を引っ張られ、ブラウスをめくって背中をフェザータッチで責めます。そのままベッドに倒されながら、あまりに感じちゃって鳥肌が立ちました。
 続いて、耳、うなじ、性器へと舌が這い、途中から「ああっ、イキそう!」と叫んで果てました。
 「利子はもういいですか?」
 「ううっ、足りない。もっといっぱい払ってよ」
 教師のプライドを捨て、激しくお尻を振りながらペニスを催促します。
 ゆっくり根本まで挿入されたときはギュッとシーツをつかんでいました。昇天間近と判断した彼は、より激しく出し挿れします。
 「どうです? まだ欲しいですか? やめます?」
 「やめないで! あん、イク、イッちゃう〜っ」
 頭の中が真っ白になり、全身をガクガクと振るわせながらしっかりと体で利子分を払ってもらいました。

 生徒のお兄さんとデキてしまったなんて、いけないことだと分かってはいるけど、もうやめられません。
(書き手・奈倉清孝)

関連タグ:女のSEX告白

エンタメ新着記事

» もっと見る

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 未払い給食費を取り立てに行き生徒の兄から利子分も体で徴収

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP