葉加瀬マイ 2018年11月29日号

隆の勝はどうなる?今年新入幕力士となった5名が晴れの場所で残した成績

掲載日時 2018年08月31日 18時00分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

隆の勝はどうなる?今年新入幕力士となった5名が晴れの場所で残した成績

 来月9日に初日を迎える大相撲9月場所。今月27日には新番付が発表されているが、これに新入幕力士として名を連ねているのが東前頭14枚目の隆の勝だ。

 千葉県出身で中学卒業後に千賀ノ浦部屋に入門し、2010年3月場所で初土俵を踏んだ隆の勝。昨年11月場所の新十両まではおよそ7年余りを費やしたが、そこから5場所で幕内の座を掴むに至っている。そんな23歳に、期待を寄せている好角家も少なくないだろう。

 ところで、今回の隆の勝を含めると、角界には今年1年で6名の新入幕力士が誕生している。隆の勝の9月場所がどうなるかはまだ誰にも分からないが、その他の5名は一体どのような成績を残しているのだろうか。

 1月場所で新入幕を果たした阿炎と竜電は、どちらも10勝5敗と2ケタ勝利を挙げ敢闘賞を受賞している。また、この両者は4日目に直接対決に臨んでいるが、この時は阿炎が上手投げで竜電を下している。

 ちなみに、阿炎はその後3月場所でも10勝5敗を記録し、5月場所(対白鵬)と7月場所(対鶴竜)では金星も挙げるなど健闘を続けている。西前頭4枚目に位置し、成績次第では新三役も狙える9月場所も大いに期待したいところだ。

 5月場所で前頭15枚目に位置した旭大星は、前述の2名と同じく10勝5敗で敢闘賞を受賞。北海道出身としては、1992年1月場所の立洸以来26年ぶりとなる新入幕となった旭大星だが、周囲の期待にしっかりと応える好成績を残している。

 7月場所で共に幕内に上がってきた琴恵光と明生だが、琴恵光は3勝12敗、そして明生は6勝9敗と黒星が先行し、1場所で十両に逆戻りする不本意な結果となっている。琴恵光は東十両5枚目、明生は東十両2枚目で9月場所を迎えるが、どちらも1場所での幕内返り咲きを強く心に期していることだろう。

 3名が10勝5敗で敢闘賞を受賞する一方、2名が幕内の壁に跳ね返されている今年の新入幕力士。“6人目”として晴れの場所に臨む隆の勝は、果たしてどのような15日間を過ごすことになるのだろうか。

文 / 柴田雅人

関連記事
貴ノ岩、“暴\行騒動”を乗り越え幕内復帰! 「貴乃花親方が元気になるような相撲を」喜びの声殺到
4場所勝ち越しは1人だけ?大相撲7月場所終了時における力士の勝ち越し回数
1位はやっぱりあの力士?「敢闘精神あふれる力士」登場回数ランキング
御嶽海はどうなる?平成の大相撲で誕生した初優勝力士たちの翌場所結果
「私は誰でしょう!?」日本相撲協会公式ツイッター出題のクイズが話題

スポーツ新着記事

» もっと見る

隆の勝はどうなる?今年新入幕力士となった5名が晴れの場所で残した成績

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP