森咲智美 2018年11月22日号

貞淑美女タレントの性白書 柴咲コウ 「おんな城主」はDカップ巨乳の超床上手(1)

掲載日時 2017年01月22日 18時00分 [芸能] / 掲載号 2017年1月26日号

貞淑美女タレントの性白書 柴咲コウ 「おんな城主」はDカップ巨乳の超床上手(1)

 「今年、彼女は3回目の“年女”ですから、是非、成功させたいと思っています」(芸能レポーター)

 1月8日から始まった今年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で主役を演じる柴咲コウ(35)。
 「戦国時代に男の名で家督を継いだ“おんな城主”こと井伊直虎。勇ましい名を名乗って乱世に立ち向かい、戦国の世を生き抜いた女性の激動の生涯を、柴咲が描きます。なお、初回から第4回までは、子役の新井美羽が演じる少女時代(おとわ)の物語です」(ドラマ関係者)

 柴咲は、尼姿で本格的に登場する第5回(2月5日放送)では“滝行”のシーンに初挑戦した。
 静岡・浜松市内の滝で早朝にロケしたが、柴咲は「ちょっと病みつきになるかもしれません。寒くて大変でしたが、いざ滝に打たれてみると、“今、般若心経を唱えるんだ!”という一心になりました。プライベートでも行こうかなと思っています」と余裕のコメントを出した。
 「子役の美羽ちゃんとは役柄以外にも同じ癖の持ち主のようで、彼女は“乾燥したくちびるの皮を剥くところが私とまったく一緒”などと話していましたが、ここは、大女優へのステップとして“ひと皮剥ける”ことが肝要です」(芸能プロ関係者)

 もちろん、そのへんのところは自身も重々承知していて、初回試写で、
 「『いざ!』のひと言は難しさを感じましたが、(役柄は)はじめからしっくりきました」
 と、自信をのぞかせていた。
 「昨年夏、双子を出産した杏の“代打説”や、暮れには“直虎・男性説”も飛び交いましたが、本人はまったく気にしていません。やる気マンマンです」(前出・ドラマ関係者)

 確かに、昨年7月、“キャスト発表会”が行われた際、会見場に柴咲が現れると、報道陣から『ウオォ〜』と野太いタメ息が漏れたものだった。
 「彼女の衣装は、肩から谷間ギリギリまでの胸元と、太ももから下がシースルーになった紫色のドレスで、妖艶な“三十路女のフェロモン”をあちらこちらに発散しまくっていました。撮影に向けて、すでに乗馬や殺陣の稽古をしていたようで、二の腕の筋肉がよく引き締まっていたのがとても印象的でした」(ワイドショー関係者)

 悩殺されたのは、芸能マスコミだけではなかった。
 「会見が始まる前、共演者らが待機していた控え室でも主役を張っていました」(NHK関係者)

 件のドレスの裾には、大きくスリットが入っていたのだ。
 「ですから、控え室の中を歩くたびに艶かしいムッチリとした太ももがチラチラと見えるんです。ええ、“ノーパンか!?”と思えるくらい、足の付け根近くまで…。出入りしていた男性スタッフはおろか、共演者で今川義元役の独身人気落語家・春風亭昇太師匠まで“目がテン”になっていました」(同)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 柴咲コウ 「おんな城主」はDカップ巨乳の超床上手(1)

Close

WJガール

▲ PAGE TOP