菜乃花 2018年10月04日号

オートレース 飯塚GIダイヤモンドレースの展望

掲載日時 2016年07月26日 16時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年8月4日号

 27日から開催される飯塚オートのナイター、GIダイヤモンドレース。選手層の厚い飯塚支部だが、絶対的エース・浦田信輔が、落車による負傷で欠場が決まっている。地元安泰とは言い切れないのが現状だ。

 負傷の浦田に代わって大将格を務めるのが、荒尾聡と篠原睦。荒尾の近況はコースを問わない強みがあるが、面子がそろう優勝戦で勝ち切れてない点が気掛かり。篠原も優勝戦で勝ち切れてないが、武器の速攻力は一層、磨きがかかっており優勝戦線からは外せない。他にも売り出し中の鐘ヶ江将平をはじめ、田中茂、久門徹、桝崎陽介、岩見貴史、東小野正道など粒ぞろい。

 ただ、対する遠征の顔ぶれが強烈。中村雅人、青山周平、池田政和、早川清太郎、鈴木圭一郎、佐藤貴也、佐々木啓と強者が参戦。中でも中村、青山が地元にとっては強力なライバルになるだろう。中村は現在のオート界No.1選手であり、昨年のダイヤモンドレースの覇者である。近況も安定感抜群の走りを見せており、連覇の可能性は十分にある。青山は直近の川口一般開催でやや低調な仕上がりだった。どこまでマシンを仕上げるかだが、今年の飯塚開設記念を制しており、走路相性は申し分ないから一変の可能性を秘めている。

 浦田欠場で地元飯塚勢がどう外来を迎え撃つのか。
 走路温度の低いナイターだけに一流どころがしっかり結果を残すシリーズとなりそうだ。

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

オートレース 飯塚GIダイヤモンドレースの展望

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP