林ゆめ 2018年12月6日号

JK撮影会モデルをハメ撮り!! 海外サイトで叩き売っていたエリートサラリーマン(2)

掲載日時 2015年10月24日 23時00分 [官能] / 掲載号 2015年10月29日号

 「お店には不満ないの?」
 「ないよー、みんな和気あいあいしてるし、店長はプレゼントくれるし」
 「でも、時給換算だといくらもらってるの?」
 「4000円ぐらいかな」
 「オレたちは60分1万3000円払ってるんだよ。店に9000円も抜かれてんだよ。それじゃ、ピンハネしすぎじゃん」
 「うーん…」
 「どうせ払うんだったら、キミに全額払った方がいい。どうかな、休みの日に個人で撮影会してくれない?」
 それを言うために何度も店に通い、狙った少女の連絡先をゲット。あとは「4万円でどうかな?」などと援助交際を持ちかけ、自分が泊まっているビジネスホテルなどに連れ込み、ハメ撮りしてしまうのだ。

 小坂は次々と女子高生モデルをハメ撮りすることに成功し、アメリカに本社を置くサイトに写真や動画を掲載し、《JK撮影会から流出した17歳超美人モデルの無修整SEX画像!!》などと称して、3〜5万円で販売するようになった。
 閲覧者はそのレベルの高さに目を奪われ、小坂のサイトには多くの固定客が付くようになった。小坂は新しい少女とのハメ撮りに成功するたび、〈極上の素材が入りました。寄付して下さい〉と客たちにメールを送るようになり、客の要望に応じて撮影したモデルの下着も売るようになった。

 小坂はますます児童買春に熱中した。いい“素材”が入れば、高収入が約束され、少女の買春費用もタダになるからだ。少女側にも「店には内緒」という後ろめたさがあるので、こんな不良客でありながら、店には全くバレなかった。
 小坂はその後も店に通い詰め、新たに入った少女の容姿などを確認。気に入った少女がいれば、同じ手口で誘い出し、自分が泊まっているホテルなどでハメ撮りするパターン。時には滞在を引き延ばし、一日中SEXすることもあった。

 舌先で少女の唇を押し開き、ヌルヌルと口のなかを軽く愛撫する。未熟な乳房をこねくり回しながら、片手はパンティーの中の花弁を掻き分ける。指にたっぷり唾液をまぶしつけると、少女の陰裂に指を滑り込ませ、ゆっくりと蜜壺に沈めていく。
 「あん、ああんっ」
 ある動画では、小坂は少女を膝の上に乗せて、対面座位で結合。少女をのけぞらせて腰を振らせ、グチュグチュと愛液がしぶく様子まで撮影していた。少女の同意を得ているとはいえ、両手で頭をガッシリとつかみ、グイグイと腰を突き動かしてイラマチオで射精。それは奉仕でもフェラチオでもない、男根による口唇への凌辱ともいうべきものだった。そして、最後は「うおおっ、イクぞ!」と雄叫びを上げながら、煮えたぎる白濁液を少女の顔面に噴射するのだった。

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書


官能新着記事

» もっと見る

JK撮影会モデルをハメ撮り!! 海外サイトで叩き売っていたエリートサラリーマン(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP