森咲智美 2018年11月22日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 指原莉乃(23) セックスは回数をこなすタイプ!?

掲載日時 2016年07月10日 19時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年7月14日号

 先頃、「第8回AKB48選抜総選挙」が行なわれ、指原莉乃が史上初の連覇を成し遂げた。
 本連載では3年前、第5回総選挙で初の1位となった際にも取り上げたが、その時と比べ、鼻がいっそう丸みを帯びて幅がつき、口元の気配に自信が現れている。乾き気味の眼光と強い目力は相変わらずで、女相としてはかなり強い。

 頬骨が丸く広く出ていて、口が大きく、歯列のU字も大きく、自己顕示欲の強い自信家で、清濁合わせ飲む姉御肌。長い鼻下はチャーミングには見えないが性感帯が広く、老獪な大人の顔だ。下唇がぼってりと厚く、性愛の場面では甘えたいほう。顔の長さに比して鼻が短く、子供っぽさを残していて短気でもある。
 鼻のわきの法令線が目立ち、覆舟口(閉じた唇のラインが逆U字)になりがちで、口の開き方が時に下品になり、仕事熱心ではあるが、いわゆるイケズだ。

 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛が生えているあたり)の膨らみが乏しく、色香としては濃厚ではない。彼女は右目の白目部分に小さな黒点があり、これは強い好色性と多淫性を示す。眼光に水気が少なく、強い目力が抑制して、【淫乱度】としては「3」。
 鼻が長さの割りに幅があり、肉付きがよく、加齢とともに金甲(小鼻)に張りが出てきた。口大、門歯大、歯列U字大で、エラに張りもあり、セックスは回数をこなすタイプ。【絶倫度】は高く、「4」。

 彼女は人中(鼻下の縦溝)が浅くて広く、異性からの誘惑に弱い。また、眉間が広く鼻が短いところも同様の傾向で、【尻軽度】も高く、「4」となった。
 先天的名器度が現れる、耳の穴の手前にある切れ込みが平凡で、後天的名器度の指標となる口元の肉付きもいいとはいえない。締まった口角(唇の両端)でいくぶん挽回しているものの、【名器度】は「2」。
 眼形が下瞼の目尻側で上がっているのはあげまん要素。臥蚕がおとなしく、眉が吊り上がっていないところもプラスだ。惜しむらくは(デビュー当時はそうでもなかったが)下唇側の口相に勢いがつき過ぎている点。それでも【あげまん度】は「3」で、昨今の若い女性ではかなり高い。

 小さめの耳(特に右側)が上方向に尖り、耳の位置自体も高く、口大、目力強ともあいまって、野性的でなりふりかまわぬ行動力の持ち主。歴代AKB48メンバーの中では、ある意味最も芸能界向きの資質といえるだろう。
 結婚してすんなり家庭に納まるタイプではまったくなく、二重アゴなので加齢とともに性欲・好色性が増し、中年になればこっそり複数の若いツバメでも可愛がりそうな女相だ。
 将来、どんな濃艶・豪奢な熟女になってくれるか、興味尽きない指原莉乃だ。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 指原莉乃(23) セックスは回数をこなすタイプ!?

Close

WJガール

▲ PAGE TOP