ホスト通い&整形手術で散財…“令和のキャッツ・アイ”呆れた正体

社会・2020/02/09 22:00 / 掲載号 2020年2月13日号
ホスト通い&整形手術で散財…“令和のキャッツ・アイ”呆れた正体

画像はイメージです

閉じる

 1月21日、警視庁新宿署は東京・新宿区歌舞伎町のホストクラブで働く男性の自宅に忍び込み現金や貴金属を盗んだとして、20代の女性2人を窃盗容疑で逮捕した。逮捕されたのは風俗店勤務の西川菜々容疑者(25)と、風俗店勤務の長野芹菜容疑者(22)だ。

 調べによると、昨年11月から今年1月にかけて、歌舞伎町のホストクラブに勤める男性の自宅で窃盗被害が相次ぎ、被害総額は3000万円に達していた。被害に遭った男性宅付近の防犯カメラには、いずれも若い女性の不審な姿が映っており、捜査員たちはこの女性たちを、「令和のキャッツ・アイ」と呼び、行方を捜査していた。

「直接の逮捕容疑は、昨年11月10日夜、新宿区北新宿のマンション内の男性宅へ侵入し、現金104万円とカルティエのネックレス2点、スニーカー2点(計140万円相当)を盗んだことです。歌舞伎町のホストクラブに勤務する被害者男性は、西川容疑者とSNSで知り合い、何度か会って親しくなりました。彼女はホストクラブの常連客になるとほのめかし、部屋の合鍵を入手。男性が寝ている間に部屋に忍び込み、盗みを働きました。男性は翌日110番通報、男性の証言と防犯カメラ映像から2人の犯行を特定しました」(捜査関係者)

 容疑者2人はおよそ3年半前にホストクラブで出会い、友人になる。2人でホストクラブ通いを続けただけに、ホストについては熟知した上での犯行だった。

「犯行後には『マンションには防犯カメラもないし大丈夫』『ホストは顔はいいけど頭は悪いし、バカだから楽勝よ』とLINEでやり取りをしています」(同・関係者)

 2人は犯行後もホストクラブ通いを続けており、整形手術にも熱心だった。

「特に西川容疑者は自身のSNSに整形の様子をアップしています。グラマラスライン整形と呼ばれるものが中心で、目の辺りを頻繁に手術していました。整形とホストクラブ通いで、いくら金があっても足りなかったと見えます」(風俗店関係者)

「令和のキャッツ・アイ」の犯行動機は、欲まみれだったようだ。

関連記事
関連タグ
社会新着記事