中島史恵 2019年6月6日号

「本当に奇跡が起こった」ソフトバンク・内川聖一の言葉に感動の声が殺到

掲載日時 2019年04月23日 11時29分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

「本当に奇跡が起こった」ソフトバンク・内川聖一の言葉に感動の声が殺到

 22日に行われたオリックス戦(東京ドーム)で、お立ち台に上がったソフトバンク・内川聖一。その殊勲者が口にした言葉が、ファンの感動を誘っている。

 同点で迎えた7回裏、先頭打者の内川はこの回から登板の相手投手・吉田一将から左翼席に第2号ソロ本塁打。7日以来となるアーチはチームの勝利、そして前の回から登板していたルーキー・泉圭輔のプロ初白星を呼び込む値千金の一発となった。

 試合前の時点で「打率.229・1本塁打・3打点・19安打」と、本調子とは程遠い姿が続いている内川。「なかなか数字が出ないなかで謝ってばかりだったので、やっと一つチームに貢献できた」と、まずは安どの言葉を口にした。

 勝負を決めた一打については「打席に入る前に奇跡でも起こってくれないかなと思っていました。打った瞬間に『本当に奇跡が起こった』と思って嬉しかったです」と回顧。また、共にお立ち台に立った泉に関しては、「泉にとって僕が一緒に(お立ち台に)立つのが良い記念になるかどうかは知りませんけど、彼の歴史に残る日に一緒にいられて嬉しく思います」と語った。

 一方、インタビュー中には「若い選手の活躍を『頼もしいな』と思う反面、自分がどんどん弱くなっているような気がして」とらしくない言葉も。目を潤ませながら心境を語る元キャプテンに、球場のファンは激励の大声援を送っていた。

 今回のインタビューを受け、ネット上のファンからは「今日のインタビューはウルッときた、内川の覚悟を感じた」、「こんなに辛そうなヒーローインタビューは見たことない」、「感極まってる内川見てるとこっちも涙が…」、「相当苦しかったんだろうな、今日は打ってくれて本当にありがとう」といった声が殺到。不振と対峙する内川の言葉は、多くのファンの感動を呼んだようだ。

 主砲・柳田悠岐をはじめ、野手陣に離脱者が続出している現在のソフトバンク。球界屈指の右打者の快音を、チームもファンもまだまだ求めている。

文 / 柴田雅人

関連記事
佐々木朗希の練習試合に40人のスカウト! 天才投手を巡る争奪戦は“プロ野球の在り方”にも影響する
【オリックス】“負けない男”山岡泰輔と“神童”山本由伸、2人で「借金返済」
たった16円のために娘を質入れした父親 「娘の価値はその値段しかないの?」と怒りの声が殺到
対戦チームを翻弄させる日本ハムの“アナリスト・ベースボール”「今後も続けていく」ことになるか?
首位・ソ\フトバンクに激震 柳田も離脱で外野陣ほぼ壊滅

スポーツ新着記事

» もっと見る

「本当に奇跡が起こった」ソフトバンク・内川聖一の言葉に感動の声が殺到

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP