人気女子アナ「水着姿が見たい」ベスト10(2) 生野陽子、皆藤愛子、相内優香

芸能・2014/11/13 20:00 / 掲載号 2014年11月20日号

 3位はショーパンこと生野陽子アナ(30)。去る9月、同期入社の中村光宏アナと結婚。さらに早朝の『めざましテレビ』の司会から夕方の『スーパーニュース』へ異動した。
 「女子アナが結婚すれば、人気が落ちるのですが、ショーパンにはそれがない。局内でも人望があり、結婚による退職はしないように要望があったみたいです」(前出・フジテレビ関係者)

 福岡県の私大卒。有名大学出身の局アナが多い中、異色の存在でもあった。
 「福岡ではタレントとして活動。そのとき地元企業の宣伝に登場。そこで知り合った地元有力者の強力プッシュで入社したというのが定説」(夕刊紙記者)

 コネ入社説はもっともらしい話に聞こえるが、真偽は不明。ただし、
 「彼女の水着写真がネットに出回っています。極小のヒモビキニでハミ毛系。ブラも超極小でヒモなし。でも、なかなか生野アナに似合っている。合成写真でしょうが、こんなエッチな水着を見たら誰でもグラッとくるでしょう。T153センチ、B80・W60・H83と幼児体型ですが、下着はアダルト。やたら小さ目のモロ見えレースを好むそうです。そこに中村アナはゾッコンだったとか」(アナウンス室関係者)
 夕方ニュースで悪戦苦闘中のショーパン。妊娠は早そうだ。

 フリーアナの皆藤愛子(30)は4位。早大時代からフリーで活躍。その童顔でかわいらしいところから“ロリアナ愛子”として、20代半ば以上の男には異常に人気があった。
 「やや年齢を感じさせるようになりましたけど、それでも同年代アナと比べて全然若い。“ロリ愛”は健在って感じ」(前出・女子アナ評論家)

 サイズはT158センチ、B80・W57・H81でBカップ乳。最近は多少ふくよかになった気もするが、司会は相変わらずたどたどしく、そこがマニアにはタマらない。
 「昔は肩出しだけの写真集で10万部売ったという伝説の持ち主。その写真集の際に水色のスクール水着姿を撮ったという話は根強くある。ものすごいピッタリ水着で、胸ペッタンコ。そこがウリでもあった。ただ無地の水着だったので土手に一本線が丸わかり。お蔵入りになったそうです。食い込み水着で発売したら、20万部はイッたでしょう」(写真集編集者)

 テレビ東京といえば、巨乳アナの宝庫。その代表格・相内優香アナ(28)が5位にランクされた。
 相内アナは'11年8月、局の先輩と卓球選手との二股交際が発覚。即刻番組降板、二軍アナ扱いされたが、すぐに復活。局の看板『ワールドビジネスサテライト』(WBS)に週3日出演。他に『田勢康弘の週刊ニュース新書』『池上彰の経済教室』などをレギュラーに持つ超売れっ子アナ。
 「T160センチ、B86・W60・H88のEカップ巨乳。その爆乳を番組内では大きく開け、胸元を見せて司会する。『さすがエロエロたぬきだね』とネットでは大好評。過去のエロ失態を忘れて、ムンムンの色気全開は立派です」(テレビ東京関係者)

 同局は、スタジオ司会でも“見せる”のが伝統芸。大橋未歩アナ(36)などは、おっぱいを3分の1出しで登場したことがあるほど。
 相内アナは昨年7月の『池上彰の参院選ライブ!』で太ももを露わにしたミニスカで登場。しかも、白のブラウスは襟元のボタンが留められず、ボインが飛び出しそうなピチピチぶりで高視聴率を得た。
 「相内アナは入社したころは、スポーツ取材や温泉取材もやっていた。あるとき、グラドルが着るような超露出水着を持ってきて上司に怒られた。でも、そのエロ水着に着替えたとき、彼女独特のハミ肉が出ていてヌケそうなぐらいエロかった。彼女の超露出水着は絶対番組内で公開すべきだった」(撮影スタッフ)

関連記事
関連タグ
芸能新着記事