菜乃花 2018年10月04日号

タモリお墨付きの新星! 争奪戦必至の桑子アナの価値

掲載日時 2015年09月13日 18時00分 [女子アナ] / 掲載号 2015年9月17日号

 芸能界で争奪戦が巻き起こりそうなのがNHKの桑子真帆アナ(28)だ。これまで無名に近かった彼女が一躍、世間の脚光を浴びるきっかけとなったのが、今年4月から始まった『ブラタモリ』(NHK)。
 「当初、局内では時期尚早ではないかと色々と心配していたようです。でも始まってみると大御所であるタモリに対し、物怖じするどころか、時にはツッコミを入れる姿が評判となり、人気が上昇している。比例して番組視聴率も上昇し、局内外の評判がいいんです」(NHK関係者)

 この桑子アナの評価をさらに高めることになったのが、共演するタモリが与えたお墨付き。
 「あちこちで『桑子はいい。狙っていないんだよ。あれは化けるよ』なんて吹聴しているんです」(同)

 『ブラタモリ』で脚光を浴びた桑子アナだが、もともとは広島放送局に所属し、『おはようひろしま』のキャスターを担当する傍ら、NHK BSプレミアムの『ワラッチャオ!』ではお姉さん役でバラエティー番組にも出ていた。
 「ミニスカートや短パン姿で、子供たちを相手に天真爛漫にスタジオ内を駆け回る姿がいいと上層部で評判になったんです」(夕刊紙記者)

 この桑子アナをめぐり、大手芸能プロがスカウトに動き出したというからNHKもたまったものではない。推定年収、約1500万円に対し、某芸能プロは3倍以上の年収をチラつかせているとの噂もある。
 「移籍金に3000万円。フリーになればイベントやCMなどを加えて約5000万円は下らないと提案しているそうです」(芸能プロ関係者)

 肝心の桑子アナ本人は…。
 「フリーになる可能性は限りなく高い。上昇志向がものスゴくあるんです。なんでも、民放を落ちまくって最後はNHKに入局したとか。フリーはそのリベンジと言ってもいい」(関係者)

 『ブラタモリ』を踏み台に飛躍するか!?

女子アナ新着記事

» もっと見る

タモリお墨付きの新星! 争奪戦必至の桑子アナの価値

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP