菜乃花 2018年10月04日号

本好きリビドー(127)

掲載日時 2016年10月29日 16時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年11月3日号

◎快楽の1冊
『あなたに不利な証拠として』 ローリー・リン・ドラモンド/駒月雅子=訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 900円(本体価格)

 古典的名作、というものは確かにある。夏目漱石や太宰治が書いた傑作の数々を今の私たちは堪能しているのだけれど、この作家たちは、はるか昔に亡くなっている。死んでもなお、その小説を多くの人が愛する。
 はっきり言えば作者当人は、亡くなる瞬間、自分の作品が今後も名作として読み継がれていくだろう、などと明確な自信を持っていたはずはない。つまり、作品のよし悪しを決めるのは結局のところ多くの読者たち、ということになる。存命中に売れる作品を連発していた作家がいるとしよう。しかし、死後にも売れ続けるかどうかは誰も予言できない。
 漱石、太宰はあまりに有名過ぎるわけだが、こういうことはもちろんミステリー、冒険小説等にも当てはまるのである。松本清張がいる。あるいは目先を変えればイアン・フレミング、エリック・アンブラーといった作家が書いた海外の冒険小説作品も読み継がれている。
 ただし、こうも言える。今現在、生きている作家のどの小説が将来も未来永劫生き残っていくのか、予測するのも面白いのではないか、と。
 本書『あなたに不利な証拠として』は2004年に本国アメリカで刊行された連作短篇集だ。'06年に邦訳刊行された。
 何人か別々の女性警官が独白をする短篇が集まって、収められている。そのどれもが決して明朗ではない。犯罪に接するとき、実行犯なり被害者なりの人生と向き合うことも警官の仕事の一つである。いずれの短篇でも、語り手の彼女たちは過去の自分の人生をとことん思い返し、他者の人生と向き合う。傍観者ではない、この必死さが感動を生むのだ。なるほど、現実の警官たちもそうなのかもしれない。リアリティーが並々ならぬものなのだ。今後も読み継がれていく短篇集、だと思う。
(中辻理夫/文芸評論家)

【昇天の1冊】
 オヤジ世代にとって、銭湯は郷愁を誘う存在だ。最近はめっきり姿を消しつつあるが、家の風呂と違う熱めの湯に、足を伸ばしてのびのびと入る浴槽は、今も癒やしの場である。
 だが、銭湯がどのように誕生し、いかなる歴史を刻んできたかを知る者は少ない。また、一口に銭湯といってもかつては混浴もあったほか、江戸初期には“湯女”という射精サービスを専門とする女性を在籍させる浴場もあった。つまり、風俗産業の一種でもあったという。
 そんな銭湯の知られざるヒストリーをひもといたのが『入浴と銭湯』(雄山閣/2000円+税)だ。
 「雄山閣アーカイブ」と名付けられたシリーズの1冊で、平成6年(1994年)に発売された書籍の復刻版。
 銭湯のそもそもの興りは天正19年(1591年)、「伊勢の与市といいしもの、銭瓶橋のほとりに銭湯風呂を一つ立つる」(同著より)
 天正19年は豊臣秀吉が太閤となった年だから、歴史は古い。
 以降、石風呂や釜風呂など様式も変わり、庶民の間に広がると前述のように風俗としての役割も果たしてきた。
 幕末から明治・大正に至ると設備も進歩し、次第に近代的な浴場として整ってくる。
 だが、いつの時代も大衆にとって身近なくつろぎのスペースであった点に変わりはない。
 本書は学術書だが決して堅い内容ではなく、日本に根付いた入浴文化への親しみと愛情に満ちている。雑学を吸収する上でも最適な本といえそうだ。
(小林明/編集プロダクション『ディラナダチ』代表)

関連タグ:本好きリビドー

エンタメ新着記事

» もっと見る

本好きリビドー(127)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP