園都 2018年6月28日号

オートレース 川口『開設66周年記念グランプリレース』の展望

掲載日時 2018年03月06日 16時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年3月15日号

オートレース 川口『開設66周年記念グランプリレース』の展望

 オートレースの聖地といえば、川口オート。ここでの伝統的なレースがいよいよ3月7日、熱戦の火蓋が切って落とされる。それがGI開設66周年記念グランプリレースだ。11日までの5日間、優勝戦線の中心にいるのは誰か? 出場予定選手の中から有力どころをピックアップしてみたい。

 最近のビッグレースを推理する場合、まず目が行くのは「鈴木圭一郎が斡旋されているか?」である。されていれば絶対的な優勝候補となるが、今回は不在。そうなると優勝争いは混とんとしてくる。優勝争いを繰り広げる候補は、地元では永井大介、中村雅人、若井友和、池田政和、佐藤裕二、山田達也あたり。中でも永井、中村はエース格だけに期待も大きいが、共に近況は一進一退。どこまで仕上げてくるかが鍵となる。

 対して、最近の「出来」で考えると池田、佐藤、山田の気配がいい。池田は浜松GⅠ優勝戦では惨敗したが、それまでは好調時の動きを見せていた。佐藤も愛車の動きは上々だし、山田も地元普通開催で好タイムをマークし、仕上がりはかなりのものがある。

 では、遠征勢はどうか? やはり金子大輔、青山周平、高橋貢、浦田信輔、佐藤貴也、渡辺篤、角南一如が主なところ。近況では青山、渡辺がお勧め。金子は「一時に比べて下降気味」と話しており、軌道修正が求められそうだ。

 伝統のGI開設記念グランプリレース。場内イベントも盛りだくさんで、ぜひとも生で観戦したい。

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

オートレース 川口『開設66周年記念グランプリレース』の展望

Close

▲ PAGE TOP